コピー制御機能搭載セキュリティUSBメモリーED-SC3シリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

ED-SC3シリーズ

「ED-SC3シリーズ」は、USBメモリーからPCへのファイルコピーを制御することのできるセキュリティUSBメモリーです。
オフィスや学校内から持ち出した機密データを、外部へ置き去りすることによって起きる情報漏えいを防ぎます。パスワードロック・自動暗号化機能を搭載しており、万一の盗難・紛失にも安心です。

また、オプションの管理者用ソフトウェア「SUManager3 forSC3(別売)」を使用することによって、管理者による一元管理や一部仕様のカスタマイズも可能です。

ウルトラブックにおすすめ!機密データの情報漏えいを防ぐ。「Ultrabook™快適化計画」

※本製品は法人様専用の個別受注製品となります。詳しくは当社営業担当にお問い合わせ下さい。
※本製品の保守、サポートは有償となります。⇒ソフトウェア保守サービス
※本製品は店頭では販売しておりません。
直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
ED-SC3/1G 4957180089201 1GB   ¥8,000   詳細  2016/2/3生産終了 受注生産 2012/10/1価格改定
ED-SC3/2G 4957180089218 2GB   ¥9,000   詳細  2015/10/28生産終了 受注生産 2012/10/1価格改定
ED-SC3/4G 4957180089225 4GB   ¥13,000   詳細  2016/2/3生産終了 受注生産 2012/10/1価格改定
管理者ソフトウェア
SUM-SC3 4957180089249 -   オープン価格   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

自宅へのデータ置き去り漏えいも抑止できるコピー制御USBメモリー

データを持ち運ぶUSBメモリーは、日常的に情報漏えいのリスクが心配されます。
「ED-SC3シリーズ」は、オフィスや学校から持ち出した重要データを、自宅など外出先へ置き去りさせない「ファイルコピー制御機能」を搭載しており、安心してデータを持ち運べます。
またパスワードロック&ハードウェア自動暗号化機能を搭載し、盗難/紛失対策も万全です。
自宅へのデータ置き去り漏えいも抑止できるコピー制御USBメモリー

初期設定不要で導入らくらく

USBメモリーへの初期設定、登録作業が不要のため、ご導入直後からエンドユーザーに配布、運用開始が可能です。
※管理者ソフトウェアSUManager3 for SC3を導入される場合を除きます。

様々な情報漏えいリスク対策となるコピー制御機能

近年の全体の情報漏えい(2008年に報告された情報漏えいの件数は1373件(※))の中で、USBメモリーなど可搬記録媒体からの情報流出の割合は約10%(※)となっており、紙媒体やインターネットに次ぐ高い比率となっています。

「ED-SC3シリーズ」は盗難・紛失対策に加え、内部データのコピー制限等による強力な情報漏えい対策を施しており、様々な情報漏えいリスクから機密データを守ります。

※NPO日本ネットワークセキュリティ協会「2008年情報セキュリティインシデントに関する調査報告書Ver1.3」より
様々な情報漏えいリスク対策となるコピー制御機能

あらゆる状況に対応したコピー制御機能

コピー制御機能によって、ファイルコピー、印刷、画面のキャプチャなどあらゆる情報漏えい経路への対策が可能です。またコピー制御環境下でもWebの閲覧や文書のコピー&ペーストが可能です。
あらゆる状況に対応したコピー制御機能

このようなリスクをシャットアウト!

このようなリスクをシャットアウト!

パスワードロックとハードウェア自動暗号化機能

USBメモリー内に保存したデータを徹底保護!盗難・紛失によるデータ流出の可能性を極限まで減らします。

簡単操作、強固なパスワードロック

パスワードを入力するまではデータ保存領域へアクセスできないため、盗難や紛失時にも内部データを読みとられる可能性は最小です。また、5回連続でパスワードの入力に失敗すると、初期化しない限り使用する事ができません。

また、書込み禁止状態でログインを行うこともできます。機能をオンにしたパソコンでは読み込み専用で使用できますので、ウイルス感染のリスクを抑止した状態でEasyDisk内のファイルを活用することが可能です。
※書込み禁止ログイン機能は2012/12/26公開のファームウェアを適用で追加されます。
※「書込禁止ログイン」は、「コピー制御機能」と併用することはできません。
簡単操作、強固なパスワードロック

データはすべてハードウェア暗号化!(AES256bit)

データはすべてハードウェア暗号化!(AES256bit)
データ保存領域に書き込まれるデータは、コントローラーがAES256bitで全て自動暗号化。フラッシュメモリーをはがして別基板に載せてもデータの閲覧はできません。

各種設定変更が可能な管理者ソフトウェア「SUManager3 for SC3」に対応!

管理者ソフトウェア「SUManager3 for SC3(SUM-SC3)」(別売)にて、仕様のカスタマイズや拡張機能の利用ができます。パスワードの詳細変更(パスワード最小文字数、有効期限など)や利用環境制限(許可したPCでのみ利用可とする)などの設定が可能です。また、操作ログの閲覧、パスワード入力不可となった「ED-SC3シリーズ」の状態復旧などの機能も実装しています。

様々な機能に対応!

パスワード最少文字数、使用文字制限、連続ミス可能回数、有効期限、遠隔解除、マスターパスワード設定など、企業ポリシーに合わせた設定ができます。また、使用OSの制限、許可したPCでのみパスワード認証設定、データ保存領域の容量設定など、様々な設定機能を有効にできます。
パスワードログイン時、データ保存領域にAutorun.infが存在していた場合、強制的に削除するオートランウイルスの簡易対策機能も使用可能です。
さらに、初期登録を行うことで、デバイス制御ソフトウェアとの連動に便利なUSB Serialのリストが自動的に生成されます。リストには、USBメモリーの使用者情報(所属、氏名、メモ)の入力ができ、利用ユーザーの一元管理にも便利です。
様々な機能に対応!

使用期間設定機能

出力したツールでEasyDiskシリーズの使用期間を設定することで、貸出運用等をより厳密に行っていただけます。
・設定した期間を超過したEasyDiskシリーズは、延長処理を行わない限り、パスワードログインができなくなります。
・使用期間設定ツール出力時に、起動パスワード、設定可能な最大日数が指定可能です。

※本機能は2012/12/26公開のアップデータを適用することでご使用いただけます。

遠隔地のUSBメモリーのパスワードを強制的に変更できる

遠隔マスターパスワード機能

あらかじめ「SUManager3 for SC3」で対象とするUSBメモリーに設定を適用することで、管理者とユーザーが離れていても、解除キーの発行によりユーザーが強制的にパスワードを変更することができます。これにより、万が一ログイン用パスワードを忘れてしまった場合にも、データにアクセスすることが可能となります。

※本機能はVer1.10以降の対応となります。
※バージョンアップ方法につきましては、サポートサービス加入の方に別途ご連絡いたします。
※バージョンアップ時には、設定データ等も引き継がれます。

ED-SV3、ED-S3も同時に管理可能

セキュリティUSBメモリーED-SV3、ED-S3シリーズも同時に管理することができます。
※ED-SV3、ED-S3についてはコピー禁止機能を有効にすることはできません。SUManager3(SUM-S3)相当の機能のみ使用することが可能です。

管理者ソフトウェアSUManager3の機能制限版を無料ダウンロード提供

SUManager3の機能制限版「SUManager3 Lite」を無料でダウンロードいただけます。
機能制限版とはいえ、パスワード忘失時の救済や、簡易PC識別やOS使用制限、USBメモリー(iSerialNumber)リストの作成・バックアップなど複数機能が利用可能。
また、機能制限版をご利用いただいた後に製品版をご購入された場合、機能制限版のデータを製品版へ移行することもできますので、製品版の購入を検討中のお客様も安心してお試しいただけます。

今すぐ無料でダウンロードいただけますので、お気軽にご利用ください。

※製品版と機能制限版の比較はSUManager3の機能比較表をご確認ください。
ダウンロード
機能制限版のダウンロードはこちら

便利に使えるオプションソフトウェア

セキュリティUSBメモリー「EasyDiskシリーズ」を、より便利より安全にお使いいただけるオプションソフトウェアに対応しています。

EasyDiskをもっと便利にするオプションソフトウェア

ソフトウェア 詳細内容
バックアップ
バックアップツール
無料ダウンロード
セキュリティUSBメモリーバックアップツール
ログイン時に、自動でEasyDisk内のデータをPCにバックアップする専用ソフトウェアです。
ダウンロード
安全な廃棄
ED-HAIKI
パッケージ販売
セキュリティUSBメモリー廃棄ツール「ED-HAIKI」
通常では削除できない設定情報や操作ログを削除し、再ログインを不可能にします。EasyDiskをより安全に廃棄するための専用ソフトウェアです。
廃棄ツール詳細
※管理者ソフトウェア「SUM-SC3」を導入している場合は、同様の機能をご利用いただけます。SUM-SC3をバージョン1.02以上にアップデートして利用ください。
自動起動
自動起動
無料ダウンロード
セキュリティUSBメモリー自動起動ツール
EasyDiskの挿入を自動で検知し、ログインプログラムを自動で起動する専用ソフトウェアです。
ダウンロード

様々なソフトウェアで動作確認済み

詳しい対応ソフトの情報はこちらをご覧ください。

エムオーテックス社製「LanScope Cat」シリーズ

エムオーテックス社製「LanScope Cat7」

本製品はエムオーテックス株式会社の「LanScope Cat7」、「Lanscope Cat6」で動作確認済みです。LanScope Catシリーズは8年連続市場シェアNo.1の実績を持つネットワークセキュリティツールで、資産管理・操作ログ管理・デバイス制御等、ネットワーク管理に必要な機能をすべて備えています。

■LanScope Cat7のソフトウェア詳細及び対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
LanScope Cat7 詳細(エムオーテックス社ホームページ)
対応USBメモリー一覧

■LanScope Cat6ソフトウェア詳細及び対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
LanScope Cat6 詳細(エムオーテックス社ホームページ)
対応USBメモリー一覧

Sky社製「SKYSEA Client View」

Sky社製「SKYSEA Client View」
本製品はSky株式会社のクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」で動作確認済みです。「SKYSEA Client View」は使いやすさをコンセプトに資産管理・ログ管理をはじめとする情報セキュリティ対策に必要な機能が一つになったソフトウェアです。

ソフトウェア詳細およびお問い合わせは下記リンクをご参照ください。
SKYSEA Client View詳細(Sky社ホームページ)

富士通ソフトウェアテクノロジーズ社製「Portshutter」

富士通ソフトウェアテクノロジーズ社製「Portshutter」
本製品は富士通ソフトウェアテクノロジーズ社の情報漏えい対策ソフト「Portshutter」で動作確認済みです。パソコンの各種ポートを制限し、記憶媒体による情報の持ち出しを制限することができます。

USBメモリーは個々のデバイス単位での制御が可能です。「会社の機密情報や個人情報の流出が心配」、「会社で指定したセキュアUSBメモリーのみを利用させたい」などの悩みを解決します。
 
ソフトウェア詳細およびお問い合わせは下記リンクをご参照ください。
Portshutter詳細(富士通ソフトウェアテクノロジーズ社ホームページ)

クオリティソフト社製「eX WP」

クオリティソフト社製「eX WP」

本製品はクオリティソフト社の外部記憶媒体利用制限ツール「eX WP」で動作確認済みです。「eX WP」はPCからUSBメモリ、CD-R/DVD-R、外付けHDDなどの外部記憶媒体へのデータ書き出しを禁止することで情報漏えいを防止するツールです。

外部記憶媒体を禁止した環境下で本製品を承認USBメモリーとすることによって、本製品のみを利用可能にすることができます。

 ソフトウェア詳細及び対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
eX WP詳細(クオリティソフト社ホームページ)

インターコム社製「MaLion 3」

インターコム社製「MaLion 3」

本製品はインターコム社製「MaLion3」で動作確認済みです。「MaLion 3」は情報漏洩対策からソフトウェア資産管理(SAM)まで、クライアントPCの運用管理を支援するソフトウェアです。情報漏洩対策やIT資産管理体制を「ゼロ」から構築したい企業を、「低コスト」「低負担」で徹底支援します。

 ソフトウェア詳細及び対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
MaLion 3 詳細(インターコム社ホームページ)

RoHS指令準拠

RoHS指令準拠
使用部材への指定有害物質の使用を抑制する「RoHS指令」準拠モデル。EU圏で義務づけられている規制に合わせて、環境に優しい製品づくりに取り組んでいます。
環境に配慮した製品作り
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】