セキュアEasyDiskを便利に使うオプション「ED-Sシリーズ管理者用アプリケーション」ED-SUADMIN

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

ED-SUADMIN

※本製品はセキュアEasyDisk(ED-Sシリーズ)用のソフトウェアです。セキュアEasyDiskは別売です。

企業の管理者様に朗報。抜群のセキュリティ性能を誇る「セキュアEasyDisk(ED-Sシリーズ)」をさらに便利に使う管理者ツールが登場。企業ごとにセキュアEasyDiskを導入される際、さらに堅牢に管理頂けます。

EasyDisk -Secure USB ADMINISTRATOR
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
ED-SUADMIN 4957180057194 オープン価格   詳細  2008/7/23生産終了 受注生産
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

社内のデータ漏洩を懸念する、管理者様へ朗報

USBフラッシュはすでに時代のスタンダード、データの持ち運びに注目したときになくてはならないアイテムになっています。 しかし、手軽に扱えるが為に、簡単に紛失するという危険性と表裏一体です。
ビジネスツールとしてセキュリティ機能に長けたUSBメモリを検討されている企業様に朗報。
セキュアEasyDisk(ED-Sシリーズ)ならばその機密性は非常に高く、また管理者ツールを使えば堅牢なセキュリティに守られ、さらに便利にお使いいただけます。

組み合わせて使おう。「セキュアEasyDisk」と「管理者ツール」

管理者ツールで出来ることは非常にシンプルです。管理者ツールを用いることにより、セキュアEasyDiskの「ミス回数のリセット」ができます。管理者ツールを使わなければ「ミス回数のリセット」ができず、ユーザーはセキュアEASYDISKをフォーマットするしかないため、機密保持性は更に強固なものになります。

固有の企業設定を操作します。

セキュアEasyDiskを導入直後、使用前にまず「管理者ツール」でフォーマット。これによって、セキュアEasyDiskはお客様固有の設定となります。

「管理者ツール」でフォーマットを行った後は、別の「管理者ツール」ではフォーマットしか行えず、他の操作はできないため安心です。

企業で大量に導入された際には、まず管理者ツールでセキュアEasyDiskをフォーマットすることで、その企業の「管理者ツール」でのみ管理が行える安全なセキュアEasyDiskとして運用が可能となります。

「管理者ツール」で出来ること

1)起動時パスワードを変更できます

セキュアEasyDiskには、使用時にパスワードを聞いてくる機能があります(SUGATE)
その現在のパスワードを、「管理者ツール」 を使うことによって変更できます。ただし、現在のパスワードを知らなければ変更は出来ませんから、もちろんいたずら目的に変更することは出来ません。
「管理者ツール」を使わずに、セキュアEasyDisk単体でも起動時パスワードの変更は可能です。

2)パスワードミス回数のリセットが出来ます。

セキュアEasyDiskは、パスワードを5回連続でミスするとロックがかかって、何度抜き差ししようと内部にアクセスすることが出来なくなります。こうなってしまってはもう初期化するしか方法はなくなります。管理者ツールを用いれば、連続でミスした回数を解除、再度アクセスすることが出来るようになります。

ただし、これでクリアしなおしても、やはりアクセスしようとUSBポートに挿すたびパスワードを聞かれますから、クリアしてもパスワードを知らない限り、やはり内部にアクセスすることは出来ません。

あらかじめ「管理者ツール」でフォーマットされていないセキュアEasyDiskに対しては、パスワードミス回数のリセットはできません。

3)初期化

セキュアEasyDiskを初期化することが出来ます。フォーマットすることにより、管理者ツールに割り振られた固有の設定がセキュアEasyDiskに埋め込まれます。

セキュアEasyDisk本体に添付している初期化ツール(SUReset)では初期化できなくなります。

お届けはユーザー登録の後、お手元に

気軽にダウンロードできるようでは安心できないという企業の心配にも答えます。お届けは製品パッケージ内の情報を元にユーザー登録をした後、送付させていただきます。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】