3Dプリンター用フィラメント プリマロイフィラメントプリマロイフィラメント

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

プリマロイフィラメント

・本商品は3Dプリンター用のフィラメント(樹脂素材)です。
・「プリマロイフィラメント」は、ラバー素材のようなしなやかさが特長です。
・材料押出方式の多様な3Dプリンターに対応しております。
(機種によっては正常に造形できない場合がございます。)
・日本国内製造による徹底した品質管理により、高品位な印刷特性を保持しています。
・バキュームラップ(シリカゲル付き)パッケージにてお届けします。


<ご使用にあたって>

直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 備考
55500 4991348071523 プリマロイ1.75mm
ホワイト  
オープン価格  

プリマロイフィラメントとは

ラバー素材のようなしなやかさを持つポリエステル系熱可逆性エラストマー

プリマロイ™は三菱化学がエラストマー設計技術と樹脂変成技術により工業化に成功した、ラバー素材のようなしなやかさを持つポリエステル系熱可塑性エラストマーです。耐油性・耐熱性・耐候性・印刷塗装適正に優れており、これまでにボールペンのラバーグリップ部分など、多くの工業製品に採用されています。
プリマロイフィラメントはその特徴をそのままに、多くの材料押出方式3Dプリンタでご使用いただけるように設計されており、ラバーのようなしなやかさと上記の機能性を兼ね備えた造形物を作製することが可能です。

互換プリンター一覧はこちら

素材 用途例 特長
ABS
アクリロニトリル
ブタジエン
スチレン
幼児用ブロック
樹脂性リコーダー
<メリット>
・造形後のサンドペーパー等での表面加工が容易
・造形後の油性インク・アクリル系塗料での塗装加工が可能

<デメリット>
・熱収縮が生じる場合があり、造形物に反りが発生しやすい
・造形時に樹脂の焦げた匂いがする
PLA
ポリ乳酸 (トウモロコシ等を主原料とした天然由来の樹脂) セキュリティーカード
農業用フィルム
<メリット>
・熱収縮が少なく、比較的大きな造形物に適している
・造形時の匂いが少ない

<デメリット>
・造形後の塗装加工に適しておらず、塗料のノリが悪い
・粘りがなく硬い素材で、表面加工が難しい
・耐熱性が低く、夏場の車内などで溶け出す場合がある
プリマロイ
ポリエステル系熱可塑性エラストマー ボールペンのラバーグリップ
水中ゴーグルのガスケット
<メリット>
・柔軟性があり、やわらかい造形物の作製が可能
・造形後の油性インク・アクリル系塗料での塗装加工が可能

<デメリット>
・軟質系フィラメントに対応していないプリンタでは、造形できない場合がある

信頼の日本製

信頼の日本製

Verbatimブランドのフィラメント商品は、日本国内での量産工程により、造形物の品質に影響を及ぼすフィラメントの仕様(直径、真円性など)のばらつきを低く抑え、色の均一性を徹底管理しております。また、お客様にお届けするまでの水分の吸収を防ぐバキュームラップパッケージを採用しております。
※商品写真はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。

Verbatimの3Dプリンター用フィラメント

Verbatimの3Dプリンター用フィラメント
※商品写真はイメージです。

3Dプリンター(立体印刷機)は、様々な分野で脚光を浴び、多様なシーンで活用されています。特に近年、スモールオフィス・パーソナル用途の3Dプリンターの普及が急速に進んでおり、伴って信頼できる印刷材料の需要が高まっています。Verbatimブランドを展開する三菱化学メディア(株)は、親会社である国内最大規模の化学素材メーカー、三菱化学(株)の持つ機能性プラスティックに関する知見を存分に活かし、材料押出方式3Dプリンターの印刷材料であるフィラメントを開発・製造し、ワールドワイドで販売しております。

Q&A

Q:この3Dフィラメントはどのような方式の3Dプリンターで使用できますか?
A:材料押出方式の3Dプリンター専用の印刷材料です。(過去、熱溶解積層方式またはFDMとも呼ばれていました。)

Q:この3Dフィラメントはどの3Dプリンターで使用できますか?
A:仕様ページ内の互換性リストをご参照ください。三菱化学メディア社が独自に互換性を検証しております。

Q:フィラメントをプリンターにセットできません
A:なるべく多くのプリンターにセットできるようスプール(リール、ボビンとも呼ばれます)を設計していますが、どうしてもうまくセットできない場合は無理にセットせず、摩擦が少ない場所に置くなど工夫して頂けるようお願いします。

Q:フィラメントを交換しようとしましたが、フィラメントが抜けなくなりました
A:フィラメントの先端が溶解後に肥大化して固まっている可能性があります。もう一度ヘッドを適切な温度まで温め、パージ(先送り)を行って先端部を溶かした後に、逆送りすることで取り出せる可能性があります。どうしても取り出せない場合は無理に引くことはせずに、プリンターメーカーにお問い合わせ下さい。

Q:溶解後のフィラメントの吐出が悪く、うまく造形できません
A:プリンターメーカーにお問い合わせください。ヘッドの温度計が正常に作動していない可能性があります。また、サポート範囲外とはなりますが、適切にヘッドの温度を上げると上手く造形できる可能性があります。(ただし、温度を上げ過ぎると吐出ノズルの中でフィラメントが炭化する恐れがありますので、十分にご注意ください)

Q:フィラメントの吐出は問題ないのに、うまく造形できません
A:プリンターメーカーにお問い合わせください。ノズルの先端とテーブルの距離が最適化されていない可能性があります。また、テーブルが水平に調整されていない可能性も考えられます。

Q:開封後のフィラメントはどうやって保管すれば良いですか?
A:なるべく速やかに使用されることをお勧めします。保管される場合は、直射日光を避け、乾燥した冷暗所で保管下さい。

ご使用にあたって

●お客様が印刷された造形物の適法性、あるいは第三者の知的財産権の侵害をしていないことなどは、お客様ご自身でご確認いただく責任がございます。お客様の印刷された造形物及びそのご使用について、弊社はいかなる責任も負いません。
●お客様が印刷された造形物による健康上の被害には責任を負いかねます。当製品によって食器や乳児用品などの造形物を印刷することはご遠慮ください。
●印刷時には十分な換気を行っていただくことを推奨いたします。
●製品は材料の性質上、水分を吸収し造形性が劣化する恐れがあります。開封後は直射日光を避け、乾燥した冷暗所に保管していただくようお願いします。
●本商品の保証期間はご購入後一年間です。期間内に、製造上の原因による品質不良があった場合には、同数の新しい商品若しくは同等品とお取り替えをいたします。(ご購入を証明する日付けの入ったレシートなどが必要となります)。

サポート情報

問い合わせ先

Verbatim(バーベイタム) お問合せ窓口

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】