ハードディスクに録画されたお気に入り番組を、デジタルのまま残せる
USB接続でデータ保存

Rec-Onとパソコンを接続して、管理ツール「Rec-On エクスプローラ」を起動します。キャプチャ(録画)済みデータのパソコンへの転送が行えます。Rec-Onのディスクがいっぱいになる前に転送すれば、新しい番組をどんどんRec-Onに録画することができます。

※パソコンへのファイル転送は、録画したファイルの先頭から4Gバイト分のみ可能です。(Windows 98 Second Editionの場合は2Gバイトまで)
4Gバイトを超える分は、OS・フォーマットを問わず転送できませんので、パソコンに転送する必要がある場合は、1回の録画でファイルサイズが4Gバイトを超えないようご注意ください。

<4Gバイトでどれくらい録画できる?>
4Gバイトで録画できる時間の目安は下表のとおりです。

4Gバイトで録画できる時間
(目安)
高画質
HQモード
(12Mbps)
約45分
標準
SPモード
(6Mbps)
約90分
長時間
LPモード
(3Mbps)
約180分

※:40GBモデル、80GBモデル、120GBモデルとも この時間となります。
※:Windows98 Second Editionでご利用の場合は上記時間の半分となります。

 

添付ソフトで編集・加工してDVDやCDRWで保存
添付のビデオ編集ソフト・静止画像編集ソフトにより、編集・加工が行え、オリジナルビデオを簡単に作成することができます。
さらに書き込み型のDVDドライブ・CD-RWドライブなどを使ってメディアに記録すれば、オリジナルビデオをデジタルのまま残せます。デジタルだから音・画像の劣化がなく、コレクションにはぴったり。また、話題の書き込み型DVDドライブを使えば、オリジナルDVDビデオの作成もOK。
書き込み型DVDドライブ製品はこちらから→DVDドライブ製品