〈レグザ〉REGZAをHDDにハイビジョン録画

〈レグザ〉からHDDにハイビジョン録画

  • 〈レグザ〉をHDDにハイビジョン録画
  • 〈レグザ〉にHDDを増設
  • 録画した番組を他のテレビで見る

東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉で地デジ番組を録画するなら、HDD(ハードディスク)がおすすめです。 ケーブル1本でつなぐだけで、高画質のまま、しかもたっぷり番組を録画することができます。
録画時間は2TBのハードディスク1台で最大213時間(地上デジタルHDレート(20Mbps)で録画した場合)。ドラマも映画も音楽番組も、思いついたら〈レグザ〉のリモコンひとつで簡単に録画が可能です。さらには、サイズも価格もHDDレコーダーよりコンパクト。コストパフォーマンスにも優れています。
また、HDD(ハードディスク)は最大8台までを〈レグザ〉につないで使うことができ、録画容量を増やすのも簡単。番組のジャンルや家族で使い分けても便利です。

ケーブル1本で手軽に大容量録画

HDDとレグザをケーブル1本つなぐ画像

東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉の外付けHDD録画対応モデルは、ケーブル1本で〈レグザ〉とHDDを接続し、ハイビジョン放送の録画が可能です。
また、USBハブを使用すれば、最大4台(登録は8台まで可能)までの同時接続に対応。録画スタイルに合わせた容量が選べ、2TBのハードディスク1台で最大213時間(地上デジタルHDレート(20Mbps)で録画の場合)のハイビジョン録画が可能です。

  • ※ACアダプターが必要な場合があります。
  • ※USBハードディスクを使用する際は登録が必要です。

〈レグザ〉の録画用HDDには、「USB」「LAN」の2つのつなぎ方があります。
お使いの〈レグザ〉に合ったつなぎ方と、それぞれの特徴をよくご確認の上お選びください。

〈レグザ〉専用HDDとして使う
「USB接続型」
USBケーブルで〈レグザ〉に直接つないで使います。
■こんな方におすすめです。
  • ●HDDを〈レグザ〉での録画専用として使う方
  • ●高画質、長時間の番組をたくさん録画したい方
  • ●買換え、増設が面倒な方
  • ●初めて〈レグザ〉用にHDDを使う方
  • ●番組のジャンルや家族で使い分けたい方
USB接続HDDを〈レグザ〉専用に
USB接続のイメージ
パソコンからもデータ保存先として使える
「LAN接続型」
ネットワーク経由で〈レグザ〉につなぎます。
■こんな方におすすめです。
  • ●〈レグザ〉の録画先、パソコンのデータの保存先として兼用したい方
  • ●写真などパソコンから保存したデータを〈レグザ〉でも見たい方
  • ●番組のジャンルや家族で使い分けたい方
  • ●録画した番組を他のテレビやパソコンで見たい方(RECBOXの場合)
LAN接続でパソコンともデータを共有
LAN接続のイメージ

3ステップで簡単録画

レグザの録画イメージ

録画用HDD(ハードディスク)は、〈レグザ〉につなぐと自動的に検知されます。HDDを〈レグザ〉に登録したら、さっそく録画をしてみましょう。

〈レグザ〉の録画や視聴は、「レグザリモコン」ひとつでOK。ハードディスク側での操作はなく、〈レグザ〉の画面上で操作が完了します。

録画をするには…
 Step1 〈レグザ〉の画面に番組表を表示させる
 Step2 録画したい番組を選択
 Step3 リモコンの決定ボタンで録画予約を選ぶ

HDDに録画した番組は、〈レグザ〉の「録画リスト」に表示されます。見たい番組はリストから選んで「決定」ボタンを押すだけで再生することができます。

HDD(ハードディスク)容量と録画時間のめやす

画質モード:TS(算出用レート)500GB 1TB 2TB 3TB 4TB
地上デジタルHDレート:約20Mbps約53時間 約106時間 約213時間 約320時間 約426時間
地上デジタルHDレート:約17Mbps約62時間 約125時間 約251時間 約376時間 約502時間
BSデジタル・110度CSHDレート:約24Mbps約44時間 約88時間 約177時間 約266時間 約355時間
SDレート:約8Mbps約131時間 約262時間 約533時間 約800時間 約1066時間

※上記の録画時間はめやすであり、放送のレートや設定条件によって変わります。

テレビまわりがスッキリしたイメージ

たくさんの番組を録画したい方には大容量のハードディスクがゼッタイにおすすめ。
もともと大容量のデータを保存するためのハードディスクは、ハイビジョン画質のテレビ番組の保存にピッタリな保存メディアです。

3TBや4TBの大容量のHDDなら1台で大満足の録画時間なのに、テレビの後ろの配線がごちゃごちゃと増えることもなく、リビングもすっきり。場所も配線も最小限で使えます。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】