CDレコWi-Fi/よくある質問(初心者篇)

CDレコWi-Fiは無線LANルーターがないと使えないという誤解。
CDレコWi-Fiとスマートフォンは直接つながります。

CDレコWi-Fiを購入しようか迷っている方から、以下のような質問をいただくことが増えてきました。

質問
iPhoneを使っています。パソコンも持っていないので、PCレスで音楽を取り込めるCDレコWi-Fiは魅力的です。ただ、我が家には無線LANルーター(Wi-Fi)環境がないので、CDレコWi-Fiは使えないですよね?

質問を絵にすると、このような状況じゃないと、CDレコWi-Fiは使えないと思っている方がいらっしゃるようです。

これって誤解なのです。CDレコWi-Fiは、その名の通り本機自体がWi-Fiに対応していて、iPhoneなどスマホもWi-Fiに対応しているので、無線LANルーターがなくても、直接CDレコWi-Fi⇔iPhoneなどのスマートフォンとで接続することができます。(下絵)

大事なので繰り返しますね。無線LANルーターがなくてもCDレコWi-Fiでスマートフォンに楽曲を取り込むことができます。

CDレコWi-Fiとスマートフォンの設定はかんたん!
CDレコアプリをダウンロードして
QRコードをスマホで読み取るだけ!

では、今からその設定の仕方をみていきましょう。
CDレコWi-Fiとスマートフォンの設定はとても、かんたんです。

  1. 「CDレコ」アプリをApp StoreやGoogle Playからダウンロードする。
  2. 設定画面でQRコネクトを呼び出す。
  3. QRコネクトで添付の「Wi-Fi設定シート」のQRコードを読み取る。
  4. あとは画面の指示に従い設定。

以上で設定終了です。

設定が終わったら早速、使ってみよう!
Ⅰ.Wi-FiをONにしてCDレコWi-Fiとスマートフォンをつなごう!
(画面は無線LANルーターがない環境でのiPhone)

スマートフォンのWi-Fiを「ON」にして[IODATA_xx_xxxxx]をタップして完了です!

Ⅱ. CDレコWi-Fiからスマートフォンへ楽曲を取り込もう!
無線LANルーターがない環境で
iphoneを使って、楽曲+アルバム情報まで
一気に取り込もう!
(画面は無線LANルーターがない環境でのiPhone)

次にCDレコへ楽曲を取り込みましょう。
これも画面を追って操作するだけ。とてもかんたんです。

  1. 「CDレコ」アプリを呼び出す。
  2. メニューを押す。
  3. 「CDを取り込む」ボタンを押す。
  4. 楽曲をロードすると、
  5. 音楽データベースのgracenote MusicID®からアルバム情報を取得します。
    ※4→5はシームレスに展開されます。
    ※gracenoteにアルバム情報がない場合があります。
  6. スマートフォンに取り込む曲を選択し、
  7. CDレコへ取り込みます。
  8. 取り込みが完了!

とても、かんたんですよね。

ここで補足なのですが、スマートフォンに楽曲を取り込む際は、4G/3Gなどインターネット回線は使いません。この場合アルバム情報を取得する時です。使ってみるとわかりますが、それも一瞬です。ここも、間違いやすい所なので書いておきますね。

無線LANルーターがなくても
Androidスマートフォンは楽曲のみ取り込むことができる
(画面は無線LANルーターがない環境でのAndroidスマートフォン)

Androidスマートフォンの場合、無線LANルーターのない環境では、楽曲のみ取り込めます。

  1. 「CDレコ」アプリを開き、「CDを取り込む」ボタンを押す。
  2. 楽曲は取り込めるが、アルバム情報は取り込めないことの確認。OKを押す。
  3. 楽曲の取り込み開始→完了。

楽曲は取り込めましたね。ただ、やっぱりアルバム情報がないと、誰のどの曲かわからないですし、不明なアーティスト、トラック1、トラック2・・・・ではつまらないですよね。そこで、Androidスマートフォンユーザーへの朗報です。

(無線LANルーターがないAndroidスマホユーザーにおすすめ!) CDレコWi-FiとAndroidスマホと
添付のUSBケーブルでつなぐと、楽曲情報まで得ることができます。

添付のUSBケーブルを使えば、Androidスマホは、無線LANルーターがない状況でも楽曲+アルバム情報まで取り込むことができます。

どうでしょうか?無線LANルーターがなくても、CDレコWi-Fiから楽曲が取り込めることがわかってもらえましたか?次回は、CDレコWi-Fiに無線LANルーターをつなぐと、もっと使い方が広がる、便利な使い方をお届けします。おたのしみに・・・

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】