デジカメ・デジイチの写真をスマホに取り込み、すぐにSNSへシェアできる。すごいぞ!”ポケドラ”

最近のスマートフォンのカメラは高性能でキレイに写る。かんたんな加工もできるし、すぐにSNSにシェアできます。でも、背景をふんわりボカシたり、思い通り、表現豊かな写真を撮りたいなら、やっぱりデジカメやデジイチで。と思っている人は多いと思います。私も普段はスマホカメラですが、ちょっとした外出や旅行には必ずデジカメを持って出かけます。

先日も、愛機を持って出かけてきました。天気が良くて、撮影日和でした。

デジカメでの撮影は、同じ風景を撮るにしても、単に記録としての写真ではなく、構図もこだわったり、色合いも考えたり、撮影自体が楽しいですよね。

スマホカメラしか持っていなかったらスルーする場所でも、撮影したくなります。どんな写真が撮れるんだろうと想像するのが楽しいのです。短時間でいろんなところを撮影し、気がついたら1時間で100枚ほど撮影していました。

満足できる写真が撮れた! すぐにSNSに載せたい!
休息中に”ポケドラ”でスマホに取り込みSNSへアップ!

今までは、帰宅して、SDカードをPCにつなげてSNSへアップしていました。でも、デジカメの写真も、本当はスマホのようにすぐにSNSへアップしたい。瞬をとらえた写真は、旬なうちにみんなに見てもらいたい、そんな気持ちに何度もなったことがあります。

最近はWi-Fi付きのデジカメやWi-Fi内蔵の記憶メディアもありますが、多くのデジカメははそうではないですし、Wi-Fi内蔵の記憶メディアも非推奨のデジカメがあったりします。(私のデジカメも非推奨でした)

「SDカードに保存できる、どんなデジカメやデジイチでも、すぐにSNSにアップできるようになったらいいのに」。そうずっと願っていました。”ポケドラ”はそんな思いを見事に叶えてくれたのです。

ポケドラでのスマホへの取り組み~SNSでの共有まで。

実際、どのように使うのか?写真を使って、かんたんに説明してみます。

撮影したSDカードを充電済のポケドラに差し込み、電源をいれます。

しばらくすると、Wi-Fiに緑色のランプがつきます。

Wi-Fi部分を拡大すると、こんな感じです。

スマートフォンのWi-FiをONにして、ポケドラのWi-Fiをタップします。
次に、事前にダウンロードしてあった、ポケドラ対応アプリQuick Syncを起動します。

※ポケドラのSSIDとパスワードは事前に設定が必要です。
※対応アプリQuick Syncは事前にダウンロードが必要です。

Quick Syncから「ストレージを開く」をタップして、外部ストレージを開くと、SDカードに保存したデジカメの写真が並びます。右上の「選択」ボタンをタップし、気に入った写真だけ、もしくは「全て選択」します。

ここからは、3つの方法があります。(写真右 参照)

  1. 選択した写真をメールやSNSにそのままアップする場合→「送信」
  2. 選択した写真をスマホなど端末に移動する場合→「移動」
  3. 選択した写真をスマホなど端末にコピーする場合→「コピー」 です。

13は、希望に添って選択することができます。

私はデジカメの写真をスマホで全て確認したかったのとSDカードにもそのまま残しておきたかったので、3の「コピー」を選択し、スマホの「カメラロール」へ保存させました。

カメラロールに保存した写真を早速チェック。スマホの大画面で見ると、デジカメの写真もディティールまで良くわかります。その中で1枚、お気に入りの写真を見つけ、すぐにFacebookへアップしました。

Facebookには、早速「いいね!」が。デジカメで撮影して、ポケドラ使って、すぐにアップできたからこその「いいね!」は、なんとも嬉しいものです。

LINEでも送ってみました。これもすぐに「ステキね!」「いい写真ね」との返信が。すぐにSNSにアップできること、それはすぐさま相手の反応がわかること、それが嬉しいということが改めてわかりました。またその反応が、モチベーションとなって、休息後も、いっぱい写真を撮りました。

帰りの電車でも、ポケドラ使って、休息後に撮影した写真をスマホへ。写真の取り込みがとても早く全くストレスを感じません。気に入った写真をFacebookにアップしました。やはり、すぐに「いいね!」が。家で写真を取り込むために、パソコンを開かなくて良かったのも、なんだか良い気分でした。充実した1日。ありがとう!ポケドラ!

◎関連リンク
ポケドラ製品ページ
ポケドラ購入ページ

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】