ビジネスシーンでも大活躍。Lightning端子付きUSBメモリーClip bag(クリップバッグ)活用法。

Lightning端子付きUSBメモリーClip bag(クリップバッグ)

Lightning端子付きUSBメモリーClip bag(クリップバッグ)。発売以来、好評でI-O DATA MAGAZINEでも取り上げてきました。

Clip bag(クリップバッグ)Lightning端子つきUSBメモリー
ジェットダイスケの「Clip bag(クリップバッグ)」ここがすごいぞ!!

私もあらゆる場面でこのClip bagを利用していますが、今回はビジネスシーンでの活用をご紹介したいと思います。

専用アプリ「Clip bag」は、任意のフォルダやファイルをzipで圧縮、暗号化(パスワード)することができます。Windowsパソコン、Macとも互換性があり、iPhoneとPCのデータやりとりが可能です。具体的には、下記のような使い方をしています。

iPhoneで撮影した写真をzipファイルにパスワードをかけメールで送信。

私は、仕事で、iPhoneで写真を撮影→メールにて相手のPCへ送ることが多いのですが、この際に、Clip bagがとても重宝しています。Clip bagを利用することで、複数枚の写真をzip圧縮することもできますし、さらには、パスワードをかけ、送ることもできます。

実際、仕事で、iPhoneで撮影した複数枚の写真を至急、送るよう指示がありました。その際は、パソコンは持っておらず、さらには、念のためパスワードをかけて送りたかったのです。困ったなと思っていたときに、Clip bagアプリを思い出し、zip圧縮し、パスワードをかけ、かんたんにメールを送ることができました。

操作方法 操作方法

操作方法(①~⑭)

  1. 「Clip bag」アプリを開き、「内部ストレージ(iPhone)」を選択
  2. 「+」を選択
  3. 「フォルダ新規作成」を選択
  4. 「フォルダ名」を入力。(半角英数字・半角記号)
  5. 「フォルダ」が作成される。
  6. 作成したフォルダを開いて、画面下の「+」を選択し、「ライブラリ」を選択
操作方法 操作方法 操作方法
  1. iPhone の写真ライブラリから送信したい写真を選択
  2. 画面右上の「編集」を選択後、写真を入れたフォルダを選択
  3. 画面下の「ZIP圧縮」を選択
  4. 「パスワード付ZIP圧縮」を選択 ※ファイル名は半角英数字・半角記号であることを確認
  5. 「パスワード」を入力
  6. 画面右上の「編集」を選択後、作成したzipファイルを選択
  7. 画面左下の「メール」を選択
  8. メーラが立ち上がりメールで送信

相手のPCへ送られた写真は、設定したパスワードを入力してもらって閲覧することができます。Clip bagと専用アプリがあることで、パソコンなしでも、zip圧縮、パスワードをかけ、そのままメールが送れるので、とても便利なのです。

操作方法

(写真)送られてきたzipファイルに指定のパスワードを入力して解凍・閲覧

パソコンからiPhoneへ。WordもExcelもPDFも圧縮・暗号化したzipファイルで持ち歩く。

普段、ノートパソコンは持ち歩くことが多いですが、たまに他の荷物が多くてPCを持たず外出することがあります。でも、そんな時に限って、「ああ、あの資料を相手に見せたかったな」とか、ちょっとした待ち時間ができて「これだけ時間があるのなら、あの資料をチェックできたのに」など感じることがあります。

Clip bagを使い始めてからは、WordやExcelなどの書類をあらかじめパソコンでzip圧縮、パスワードをかけiPhoneに入れ 、必要な時に復号、解凍してチェックしています。これはとても便利です。また、解凍して閲覧したファイルは削除しておけば、ファイルはパスがかかったものしか残らないので安心です。

操作方法 操作方法

操作方法(⑮~⑳)

  1. PC上で、WordやExcelなどのファイルをzip圧縮・暗号化
  2. そのzipファイル→Clip bag
  3. Clip bagとiPhoneをつなぎ、Clip bagアプリを立ち上げる
  4. Clip bag(外部ストレージ)を選択。⑮のzipファイルを確認
  5. 画面右上の「編集」を選択し、「移動」を選択
  6. 「iPhone(内部ストレージ)」へ移動

※閲覧の際は、Clip bagアプリを立ち上げ、内部ストレージを選択。指定のファイルにパスワードを入力して解凍すれば、書類を閲覧することができます(下の写真をご参照ください)。

書類の閲覧

(写真)ファイルを選択し、パスワードを入力し解凍。書類を閲覧できる。

1ファイルずつロックすることも可能な「ファイルロック」

こちらはiOSのみの機能となりますが、1ファイルごとにパスワードをかけ、暗号化することもできます。一度、暗号化を行えば、ファイル閲覧時以外はロックし続けることができます。

ファイルロックの流れ

(写真)「ファイルロック」の流れ ※iOSのみの機能

重たい動画データもClip bagなら短時間でPC→iPhoneへ。

iPhoneで動画(mp4)プレゼンを実施する機会も増えてきました。今までは、iTunesで同期させてiPhoneにその動画を保存していましたが、作業にとても時間がかかっていました。Clip bagならその作業時間は非常に短くてすみますし、パスワードをかけるのも、復号するのも、かんたんです。

Clip bagアプリで再生

(写真)Clip bagを使ってPC→iPhoneへ動画データを移行。Clip bagアプリで再生。

このように、Clip bagはビジネスにもいろんなシーンで活かせます。PCいらずでzip圧縮、解凍、パスワードでの暗号化、復号化ができ、文書閲覧なども可能です。たまには仕事でPCを持たず外出したい。そんなあなたにも、Clip bagはもってこいの商品だと思います。是非、試してみてください。

◎関連リンク
Lightning端子付きUSBメモリーClip bag(商品ページ)
Lightning端子付きUSBメモリーClip bag(購入ページ)

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】