リスクと対応 - パスワードロックと自動暗号化

セキュリティーUSBメモリー「Easy Disk」パスワードロックと自動暗号化

盗難と紛失対策にパスワードロックと自動暗号

通常のUSBメモリーが第三者の手に渡ってしまうと、情報漏えいの可能性が出てきます。
セキュリティUSBメモリー「EasyDiskシリーズ」ならパスワードロックと自動暗号化により、万が一の盗難・紛失時にも情報漏えいを抑止することができます。


パスワードロックと自動暗号化で対策

パスワード&デバイスロック

アクセス時はパスワードが必要

簡単操作で強固なパスワードロック
パスワードロック機能を搭載し、パスワード認証を行うまでは保存ファイル自体が見えないため、盗難や紛失時でも、ソフトウェアによる解析リスクを低減できます。

ミスが規定回数を超えるとデバイスをロック

パスワード連続ミスでデバイスロック
パスワードを規定回数ミスすると、認証画面が表示されなくなります。

※標準のパスワードミス可能回数はモデルによって異なります。
※ロックを解除するには初期化を行う必要があります。初期化を行うと、本商品に保存したデータは全て消去されます。
※ED-SV4シリーズ、ED-S4シリーズは管理者ソフトウェアによりロックの解除が可能です。

ハードウェア制御によるAES256bit自動暗号化

第三者による閲覧を抑止

自動暗号化によりデータの閲覧を抑止
データ保存領域に書き込まれるデータは、コントローラーがAES256bitで全て自動暗号化するので、盗難・紛失時も第三者からの解析を防ぎデータを守ります。

パスワードロックと自動暗号化の対応商品

ハイエンドモデル
ED-SV4シリーズ
ED-S4シリーズ
ED-V4シリーズ
ED-E4シリーズ
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】