リスクと対応 - 管理者ソフトウェアで適切に管理

管理者ソフトウェア

管理者ソフトウェア

パスワードポリシーのカスタマイズ


重要なデータのやり取りに使用されるセキュリティUSBメモリーだからこそ、日々の管理が非常に重要です。管理者ソフトウェア「SUManager4(SUM-S4)」を導入すると、「EasyDiskシリーズ」に各種カスタマイズを加えたり、ログを収集したりと多数の管理機能を活用することができます。また、運用と組み合わせることで、情報漏えいの抑止にもつながります。
商品版「SUManager4(SUM-S4)」の商品ページはこちら


すぐに試せる!機能限定版「SUManager4 Lite」

SUManager4Liteで可能

管理者ソフトウェア機能限定版「SUManager4 Lite」を無料でダウンロードいただけます。設定可能な内容については機能比較表をご確認下さい。

ダウンロードはこちらから

※本ソフトウェアはサポート対象外となります。また、商品版にアップグレードした場合、本ソフトウェアで初期化したEasyDiskシリーズをそのままご利用いただけます。

管理者ソフトウェア機能比較表

  SUManager4(商品版) SUManager4 Lite(機能制限版)
使用期限設定機能 ×
パスワード忘失時の救済
※ 一部機能のみ
利用制限機能(PC識別/OS制限など)
※ 一部機能のみ
ウイルスチェック(ON/OFF)
ログ閲覧
※ SUManager4ログのみ
廃棄ツール生成 ×



パスワードポリシーのカスタマイズ

SUManager4

企業ポリシーに従ったカスタマイズが可能
導入直後の「EasyDiskシリーズ」はパスワード等が標準設定となっています。管理者ソフトウェアを使うと最小文字数や連続ミス可能回数などを自社のセキュリティポリシーに沿って変更することができます。変更内容を組み合わせることによって様々な条件に対応可能です。

PC識別

パスワード入力可

使えるPCを限定する
管理者が許可したPCでのみパスワードログインできるよう指定できます。許可PC以外はパスワード入力自体ができません。

※USBメモリーにPC情報を登録する方法(PC識別)と、PCに許可情報を登録する方法(簡易PC識別)を選択可能です。

パスワード忘失時の救済

パスワードを規定回数ミスするとUSBメモリーがロックされ使用できなくなりますが、管理者ソフトウェアを使用することによってロック状態を解除し、保存してあるデータの救済が可能です。また遠隔地からの解除も可能です。

※SUManager4 Liteは遠隔地からの解除には非対応です。

通常の解除例、遠隔解除例

ログ管理機能

管理者ソフトウェアを利用することで、使用ログの閲覧、CSV出力が可能になります。万が一USBメモリーの情報が流出した場合も、迅速な対応が可能です。

ログ管理機能

■主な取得ログ(機能限定版「SUManager4 Lite」では管理者ソフトウェアのログのみ閲覧可能。)

USBメモリーのログ 取得項目 日時、操作内容(詳細以下)、コンピューター名、アカウント名、Macアドレス、等
操作内容詳細 ログイン/失敗、パスワード設定/変更/有効期限切れ、パスワードロック解除承認コード発行、パスワードロック解除/失敗、パスワード修復/失敗、SUReset4初期化(実行/成功/失敗)、パスワードミスリセット実行/失敗、等
管理者ソフトウェアのログ 取得項目 日時、操作内容(詳細以下)、USBシリアルナンバー(iSeriaNumber)、等
操作内容詳細 起動/失敗、終了、USBメモリー認識/取り外し/リストから削除、USBメモリーリストを保存/バックアップ/復元、パスワード変更/失敗、PC許可設定/候補設定、PCリスト追加/削除/バックアップ/復元、解除承認コード発行/失敗、パスワードミスリセット、修復/失敗、初期化、ポリシー編集/バックアップ、SUReset4/CK-Setlinfo出力、起動パスワード有効/無効、操作ログ削除/ファイル保存、等

その他の主な機能

簡易PC識別 SUManager4Liteで可能

PC識別とは異なり、PCの個体情報を収集・登録することなく使用PCの限定が可能です。対象としたUSBメモリーは、管理者ソフトウェアが発行する「CK-SetInfo」で登録(サービスをインストール)したPCでのみログインできます。

データ保存領域サイズの変更

使用可能な容量を指定できます。例えば1GBのうち100MBのみ使わせたい場合などに有効です。

ログイン後のファイル自動実行

パスワード認証後に指定ファイルの実行や指定URLへのジャンプが可能です。

USBメモリーリスト作成 SUManager4Liteで可能

使用するUSBメモリーのリスト(iSerialNumber、所属、名前など)を作成し、稼働USBメモリーの状況を確認できます。

使用OSの制限 SUManager4Liteで可能

設定したOS環境のみでUSBメモリーを使用させることができます。

初期化ツールの出力 SUManager4Liteで可能

初期化専用ツール「SUReset4」を出力し、使用できます。複数拠点での初期化管理に便利です。

※マスターコード機能有効時には使用できません。

管理ソフトウェアの対応商品

ハイエンドモデル
ED-SV4シリーズ
ED-S4シリーズ
ED-V4シリーズ
ED-E4シリーズ
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】