リスクと対応 - ウイルスチェック

セキュリティーUSBメモリー「Easy Disk」ウイルスチェック

ウイルスチェック

ウイルス感染したUSBメモリーを社内に持ち込むと、社内LAN経由でウイルスが蔓延してしまう恐れがあります。セキュリティUSBメモリー「EasyDiskシリーズ」ならデータを書き込む際に都度ウイルスチェックします。
万が一、感染ファイルを発見した場合は自動で隔離し、USBメモリーや社内のPCをウイルスの脅威から守ります。


ウイルスチェックと自動アップデートで対策

ウイルスチェック

観戦ファイルは自動で隔離、正常なファイルはそのまま保存

書き込まれるデータを都度ウイルスチェック
トレンドマイクロ社製アンチウイルスソフト「Trend Micro USB Security™」をUSBメモリー内に搭載。書き込まれるデータをその都度ウイルスチェックすることで、USBメモリー内のウイルス感染を防ぎます。

自動アップデート

自動アップデート

自動更新で新種のウイルスにも対処
インターネット経由で最新のプログラムやウイルスパターンファイルに自動更新するので、新種のウイルスにも対応可能です。

ここまでできる!ウイルス対策

読み込み専用USBメモリーとして使えます

データ領域を読込専用にしてウイルス感染の抑止を強化
ユーザーの使う領域にライトプロテクトをかけることで、ウイルスの侵入をさらに強く抑止します。

※ ED-V4シリーズを除く。ED-E4シリーズ、ED-S4シリーズ、ED-SV4シリーズのみ対応。ED-SV4シリーズは管理者ソフトウェアにてウイルスチェック機能を無効にする必要があります。

パスワード認証時にAutorun.infを強制削除

Autorun.inf自動削除
USBメモリーを狙ったオートランウイルスが利用するAutorun.infがデータ領域にある場合、ログイン時に強制削除します。
TMUSB非搭載モデルの簡易ウイルス対策にも最適です。

※ ED-E4シリーズ、ED-S4シリーズ、ED-V4シリーズ、ED-SV4シリーズの全ラインアップ対応。

サポートサービスの延長について

サポートサービス更新ソフトウェア

ウイルス対策搭載モデルはニーズに合わせて1年間、3年間、5年間のサポートサービス期間をお選びいただけます。さらに、サポートサービス期間中は、通常1年間のハードウェア保証もそれぞれ3年、5年に延長されます。
ウイルスパターンファイルのアップデート有効期間は使用開始(アクティベーション)よりそれぞれ、1年間、3年間、5年間(商品により異なります)となります。
サポートサービス期間終了後も引き続き利用される場合は、ご希望に合わせて購入形態、複数ライセンス版などの選択が可能なサポートサービス更新ソフトウェア「ED-VLシリーズ」をご購入ください。

サポートサービス更新ソフトウェア「ED-VLシリーズ」の商品ページはこちら

ウイルスチェックの対応商品

ハイエンドモデル
ED-SV4シリーズ
ED-S4シリーズ
ED-V4シリーズ
ED-E4シリーズ

TREND MICRO

Trend Micro USB Security
ウイルス対策機能にはトレンドマイクロ社の「Trend Micro USB SecurityTM」を採用しています。

※本商品に搭載されているTrend Micro USB SecurityTMにはアクティベーション後、各商品所定期間のウイルスパターンファイルのアップデートを含むサポートサービス料金が含まれています。
※所定期間以降も継続して最新のウイルス対策などのサポートサービスをご希望の場合は、別途サポートサービス更新ソフトウェア「ED-VLシリーズ」(有料)の購入が必要です。
※ウイルス対策機能付きモデルに搭載のTrend Micro USB SecurityTMの対応OSは商品とは異なります。詳しくはトレンドマイクロ社のホームページをご確認ください。
※TREND MICRO、ウイルスバスター、ウイルスバスタークラウドおよびTrend Micro USB Securityは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】