アイコン:テレビ録画番組をたっぷり保存

活用編 光ディスクに保存しよう!テレビ録画番組をたっぷり保存

レコーダーの容量不足を解消できる

レコーダーの容量は限られているため、お気に入りの番組を録画していると、すぐにハードディスクが一杯になってしまいます。そういう時にオススメなのが光ディスクへのバックアップ。特に長時間録画に対応しているブルーレイディスクがおすすめです。

レコーダーの容量不足を解消できる

大事な番組を光ディスクにダビング

録りためていた大事な番組が間違って消えてしまった!なんてなったら取り返しがつきません。大事な番組は光ディスク(ブルーレイディスクやDVD) にダビングして、万が一にそなえましょう。
また、光ディスクに保存すれば、決まったテレビだけでなく、ほかのプレーヤーでも楽しめるようになります。

大事な番組を光ディスクにダビング

BD-R XLなら最長12時間録画できる

「BDXL」規格に準拠したBD-R XLは、100GBの容量を誇る3層ブルーレイディスクです。1層や2層のメディアに比べると2倍以上の容量のため、ハイビジョン番組をたっぷり保存できます。

たっぷり12時間
大容量保存

連続ドラマやアニメなどのシリーズ番組は、1枚のディスクにスッキリ保存したいもの。BD-R XLは1枚100GBの大容量なので、たっぷり12時間分のデータを保存できます。

たっぷり12時間大容量保存

すっきりコレクション
保管場所にも困らない

一般的なDVD(4.7GB)に比べると21倍、従来のブルーレイディスク(1層=25GB、2層=50GB)と比べても2倍以上の容量。少ない枚数にまとめて保存できるので、ディスクがかさばりません。

DVD-R(4.7GB)なら21枚分が1枚に!

DVD-R(4.7GB)なら21枚分が1枚に!

1層BD(25GB)なら4分枚が1枚に!

1層BD(25GB)なら4分枚が1枚に!

メディア容量 ダビング済み空き容量←残量がある限り何度でも追記できます。
BDXL TM対応のレコーダーでご利用いただけます。

RECBOXに録画した番組もバックアップできる

RECBOX(HVL-AVシリーズ)は、録画した番組を家中どこでも楽しむことができるDTCP-IP規格に対応したハイビジョンレコーディングハードディスクです。ブルーレイレコーダーがあれば、RECBOXに保存した番組もレコーダー上で編集し、DVDやブルーレイディスクにバックアップすることができます。

メディアに残して保存できる

メディアに残して保存できる

RECBOX対応のレコーダーはこちらからご確認ください。

このページのトップへ
PC版を表示