HDLシリーズ
 
用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
新規のハードディスクを増設する
1本製品背面の電源スイッチをOFFにします。

すでにOFFになっている場合は、一度ONにしてからOFFにします。

 

2

シャットダウンを開始します。本製品前面の電源ランプ(POWER)をご確認ください。

 

3

シャットダウンが終了すると、自動的に電源が切れ、電源ランプが消灯します。

 

4

本製品背面のUSBポートに増設用ハードディスクを接続します。

 

5

増設ハードディスクの電源を入れてから、本製品の電源スイッチをONにします。

増設ハードディスクの電源の入れ方については、増設ハードディスクの取扱説明書をご覧ください。

USB電源連動機能ハードディスクの場合は、本製品の電源をONにするまで増設HDDの電源は入りませんが、問題ありません。

 

 


注意
   

電源を入/切する場合は下記の順で行ってください。

電源を入れる順番:増設HDD ⇒ 本製品

電源を切る順番:本製品 ⇒ 増設HDD

   

増設ハードディスクやプリンタがある場合は、本製品の電源ランプ(POWER)が消灯したことを確認後、増設ハードディスクやプリンタの電源をOFFにしてください。

   
 

 

6

Webブラウザから、本製品の設定画面を開きます。

設定画面の開き方については、【設定画面を開く】をご覧ください。

下の画面が表示されますので、[トップメニュー]をクリックしてください。

 

7

[管理者用]をクリックします。

 

8

[ユーザー名]に「admin」、[パスワード]に設定したパスワードを入力して、[OK]ボタンをクリックします。

 

9

詳細メニューから、[高度な設定]→[フォーマット]をクリックします。

 

 


注意
   

フォーマット対象のハードディスクを間違えないよう、よく確認してからフォーマットしてください。

内蔵HDD ⇒ 本製品内蔵のHDD

USB HDD1 ⇒ USBポート1に接続した増設HDD

USB HDD2 ⇒ USBポート2に接続した増設HDD

   
フォーマットしたハードディスクのデータはすべて削除されます。
   
ここでのフォーマット形式は、本製品専用フォーマットです。(FATでフォーマットすることはできません。)
   
「USB HDD1(FAT)」や「USB HDD2(FAT)」と表示された場合、接続されているハードディスクは、現在FATでファーマットされていることを示します。
   
 

 

10

フォーマットするハードディスクを選択して、[OK]ボタンをクリックします。

選択したハードディスクをフォーマットします。しばらくお待ちください。

 

11

フォーマット終了後に、自動で共有「usbdisk1」または「usbdisk2」が作成されます。

 

 


注意
   

本製品でフォーマットした増設ハードディスクは、本製品以外では使用できません。

   
増設したHDDを使用しなくなった場合は、必ず、【増設HDDを使用しなくなった場合】の手順にしたがって、ディスクの削除を行ってください。
   
 

 

以上で作業は完了です。増設ハードディスクが使用できます。

 

 
ページトップへ戻る