HDLシリーズ
 
用語解説困ったときには | 本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
困ったときには 
 
(Mac OS)[Landisk]が見つからない
原因 ファイアウォール系のソフトウェアを使用している。
対処

ファイアウォール系のソフトウェアで、本製品のコンピュータ名(初期値は「Landisk」)や本製品のIPアドレス(初期値は「192.168.0.200」)を使用できるように設定してください。
詳しくは、お使いのソフトウェアの取扱説明書をご覧ください。

 

原因 本製品がネットワークへ正しく接続されていない。
対処

本製品背面の[LINK]ランプが点灯していることをご確認ください。
[LINK]ランプが点灯しない場合は、[MDI/MDI-X切替スイッチ]を切り替えてください。

 

原因 本製品の設定で、「AppleShareネットワーク」の設定が有効になっていない。
対処

本製品の設定画面で、「AppleShareネットワーク」の設定を有効にしてください。
【本製品のネットワーク設定をする】

 

Mac OS Xのみ
原因 LANDISKの名前で検索できない。
対処

[サーバへ接続]画面で、本製品のIPアドレスを使用して接続してください。
入力するIPアドレスは、本製品に設定されているIPアドレスを入力します。
IPアドレスが分からない場合、こちらをご覧ください。

AppleTalkで接続する場合

afp:/at/192.168.0.200

Sambaで接続する場合

smb://192.168.0.200

 

Mac OS(Classic)のみ
対処

下記をご確認ください。

Mac OS側の設定で、「AppleTalkを使う」設定になっていること。

セレクタで[サーバIPアドレス]ボタンをクリックし、本製品のIPアドレスを入力して検索できるかお試しください。

←「困ったときには」のトップに戻る
 
ページトップへ戻る