HDLシリーズ
 
用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
MSドメイン機能を利用する
 
 
 
 
 
 

MSドメインログオン機能を利用する場合は、前もってサーバへの本製品の登録が必要です。

ここでは、Windows 2000 Serverの例を示します。

注意
   

MSドメイン機能の設定・ご利用に関しましては、サポート対象外となっております。
なお、弊社ではユーザ数が100人以内の環境で動作確認を行っております。

   

Mac OSの場合は、利用できません。

   
 
 

 

1.Windows 2000 Serverに本製品を登録する

 

[スタート]→[プログラム]→[管理ツール]→[Active Directoryユーザーとコンピュータ]をクリックします。

 

表示された画面で[Computers]をクリックします。

 

[操作]→[新規作成]→[コンピュータ]をクリックします。

 

1.コンピュータ名に小文字で本製品の名前を入力します。

2.[Windows 2000 以前のコンピュータに、このアカウントの使用を許可]にチェックを付けます。

3.[OK]ボタンをクリックします。

 


サーバにコンピュータが追加されます。これで、サーバの設定は終了です。次に本製品にドメインの設定をします。

 

ページトップへ戻る

 

2.本製品のドメインを設定する

本製品の設定画面を起動し、[高度な設定]→[MSネットワークの設定]をクリックし、次の設定をします。

1.[ワークグループ/ドメインの選択]で[ドメイン]を選択します。

2.[ワークグループ/ドメイン名]を入力します。

3.[ドメインコントローラの名前]に、アクセス先のドメインサーバの名前を入力します。

4.[OK]ボタンをクリックします。

注意
   

ドメインモードで共有を作成する場合は、ユーザ名にはスペースは使用できません。ドメイングループ名のみスペースが使用できます。

   

ユーザ名、グループ名に本製品で使用できない文字が含まれている場合は、そのユーザ/グループは、共有の作成時表示されません。
詳しくは、【文字制限について】をご確認ください

   
ユーザ名にはアルファベットの大文字(A〜Z)は使用できません。
   
画面の注意文をご理解の上、設定してください。
   
本製品はNTドメイン機能となります。
   
ActiveDirectoryでは混在モードでご使用ください。(ActiveDirectoryのネイティブモードには対応していません。)
   
 

 


結果の画面が表示されたら、設定は完了です。

 

ページトップへ戻る