HDLシリーズ
 
用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
出荷時設定に戻す


次のような場合、設定を出荷時設定(初期設定)に戻してください。

 本製品のIPアドレスがわからなくなった場合

 管理者の情報([パスワード]など)がわからなくなった場合

本製品の初期化方法
 

本製品の初期化には2通りの方法があります。出荷時設定一覧はこちら

方法1
ネットワーク設定のみを出荷時設定に初期化する

リセットスイッチで初期化します。(方法1参照)

初期化される項目は下記のとおりです。

IPアドレス
管理者パスワード

※保存したデータは残ります。

方法2
本製品の各設定を出荷時設定に初期化する

Webブラウザの[高度な設定]→[出荷時設定に戻す]で初期化します。
設定画面のリファレンス参照)

初期化される項目は下記のとおりです。

全ての装置設定(ネットワーク設定、管理者パスワード、ユーザグループ設定など)
出荷時設定の状態で初期化を行った場合は、内蔵ハードディスクがフォーマットされます。

※保存したデータも削除されます。
※約2分〜5分程度かかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
注意
   

ハードディスクを初期化する場合などは、事前にハードディスク内のデータをバックアップしてください。(増設ハードディスクのデータも事前にバックアップしてください。)

増設ハードディスクを接続した状態で、本製品のハードディスクを初期化すると、増設ハードディスクに保存したデータもアクセスできなくなります。

   
 

 

ページトップへ戻る

 

 
方法1:ネットワーク設定のみを出荷時設定に初期化する
 
注意
   
初期化処理中は、本製品の電源を切らないでください。
   
 
 
1

電源ケーブルをコンセントにつなぎ、電源スイッチをONにして本製品を起動します。

 

本製品前面の電源ランプ(POWER)が、下記のようになったら、起動完了です。

 

背面のリセットスイッチを先の細いもので約2秒以上押します。

 

しばらくすると電源ランプが点滅→点灯になります。これで初期化終了です。

 

 

IPアドレスと管理者パスワードが初期値となりますので、再度設定をやり直してください。

 

 
ページトップへ戻る