HDLシリーズ
 
用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
ユーザごとにアクセス可能な共有フォルダを作る

本製品に登録したユーザごとにアクセス可能な共有フォルダを作成します。

ご覧になる項目をクリックしてください。

新しいユーザを追加する
ユーザごとにアクセス可能な共有フォルダを作る
設定したパスワードを変更する
 
 
新しいユーザを追加する


以下は、"user1"というユーザを登録する場合の例です。

[高度な設定]→[ユーザ設定]をクリックします。

 

[新しいユーザ名]、[パスワード]、[確認パスワード]を入力後、[OK]ボタンをクリックします。

 

結果の画面が表示されます。

 

これで、ユーザ:user1が登録されました。
ページトップへ戻る

 

ユーザごとにアクセス可能な共有フォルダを作る

[高度な設定]→[共有設定]→[追加]をクリックします。

 

新しいフォルダへアクセスを許可するOSを選択します。

※画面は[Windows]と[Macintosh]の両方から接続可能にする場合です。

注意
   

MSドメインログオン機能を利用する場合は、Windowsのみで作成してください。

   

 

[ユーザ]をチェックし、[OK]ボタンをクリックします。

 

設定をします。

1.共有名に[user1]と入力します。

2.増設HDDがある場合は、新しい共有フォルダの作成するディスクを選択します。

3.共有者の選択で[user1]をチェックします。

4.[OK]ボタンをクリックします。

注意
   

ドメインログオンしている場合、ドメイングループは、[共有者の選択]に「グループ名(ドメインコントローラ名)」と表示されます。

   

増設HDDがFAT形式でフォーマットされている場合は、共有を作成することはできません。

   

 

結果の画面が表示されます。共有が作成されました。

 
ページトップへ戻る

 

設定したパスワードを変更する


追加したユーザのパスワードを変更することができます。

管理者が変更する場合

[高度な設定]→[ユーザ設定]→[パスワード変更]をクリックします。

 

[ユーザ選択]から変更するユーザを選択後、[新パスワード][確認パスワード]を入力し、[OK]ボタンをクリックします。

 

結果の画面が表示されます。

 


これで、パスワードが変更されました。

 

 

 

ユーザが変更する場合

トップページで[ユーザ用]をクリックします。

 

[ユーザパスワード変更]をクリックします。

 

[ユーザ名][現在のパスワード][新パスワード][確認パスワード]を入力して、[OK]ボタンをクリックします。

 

結果の画面が表示されます。

 


これで、パスワードが変更されました。

ページトップへ戻る