HDLシリーズ
 
用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
  
IPアドレスについて

ここでは、本製品を使用する上で必要となるTCP/IPプロトコルのIPアドレスの基礎知識について説明します。ご覧になる項目をクリックしてください。

同じネットワーク上では別々のIPアドレスが必要
インターネットのIPアドレスとLANのIPアドレス
LAN内で使用するIPアドレスのクラス
DHCP機能について
手動でのIPアドレス、サブネットマスク設定例
   
同じネットワーク上では別々のIPアドレスが必要
 
 

TCP/IPで通信をする場合、ネットワーク上で使用する本製品や各パソコンには、“192.168.0.10”のようにピリオドで4つに区切られた数値を設定する必要があります。

これをIPアドレスと言い、ネットワーク上で同じにならないように設定する必要があります。

IPアドレス例(異なるIPアドレスの設定が必要)

 

 
 
ページトップへ戻る
インターネットのIPアドレスとLANのIPアドレス
 
 

IPアドレスには、「グローバルIPアドレス」と「ローカルIPアドレス」(プライベートIPアドレス)があります。

「グローバルIPアドレス」は、インターネットで使用するIPアドレスです。

「ローカルIPアドレス」は、LAN内で使用するIPアドレスです。

グローバル
IPアドレス

ネットワーク上で別々のIPアドレスが必要であるように、インターネットを利用する世界中のすべてのパソコンがそれぞれ別々のIPアドレスを使用する必要があります。このIPアドレスがグローバルIPアドレスです。通常、プロバイダより割り当てられます。

ローカル
IPアドレス

インターネットに接続されていない環境(家庭内のみ、会社内のみなど)では、ネットワーク内で別々の自由なIPアドレスを使用することができます。 このIPアドレスがローカルIPアドレスです。

 

 
ページトップへ戻る
LAN内で使用するIPアドレスのクラス
 
 

IPアドレスは、ネットワークを構成するパソコンの台数に応じて、3つのクラスに分かれます。

大規模なネットワークならクラスA、中規模ならクラスB、小規模の場合はクラスCとなります。

同一のネットワーク内では、同一クラスのIPアドレスである必要があります。

実際には、IPアドレスは、ピリオドで区切られた4つの数値の羅列で構成されていて、4つのうち最初の数値で、クラスが分けられます。

IPアドレスの例  192.168.0.1

※「127、224〜255」は通常のIPアドレスとしては使われていません。

IPアドレスの
最初の数値

クラス用途(ネットワークを構成するパソコンの台数)
1〜126クラスA大規模ネットワーク用(最大約1600万台)
128〜191クラスB中規模ネットワーク用(最大約65000台)
192〜223クラスC小規模ネットワーク用(最大254台)

例えば、数台〜数十台で構成されるネットワークでは、クラスCのIPアドレスを使用します。

通常、ネットワークを構成する場合は、以下の特別なローカルIPアドレスを使用します。

クラスA : 10.0.0.0 10.255.255.255
クラスB : 172.16.0.0 172.31.255.255
クラスC : 192.168.0.0 192.168.255.255

 

 
ページトップへ戻る
DHCP機能について
 
 

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)とは、IPアドレスの自動割り当て機能のことです。

DHCPは、DHCPサーバとDHCPクライアントで構成され、DHCPサーバがDHCPクライアントに使用可能なIPアドレスを割り当てます。

例えば、ネットワーク内にDHCPサーバがあり、複数台のすべてのパソコンをDHCPクライアントに設定した場合、各パソコンは、パソコン起動時に使用可能なIPアドレスを入手し、終了時に開放します。

参考
   

DHCPの特徴

    

個々のパソコンにIPアドレスをセットする手間が省けます。

    

設定できるIPアドレスが変更された場合、DHCPサーバのみの変更で済みます。そのため、クライアント側でIPアドレスを考慮する必要がなくなります。

    

DHCPクライアント側では、DNSやゲートウェイ(ルータ)のIPアドレスも自動で設定されます。

    

DHCPクライアント側のIPアドレスは、起動時毎に毎回異なる場合があります。

 

 

 
ページトップへ戻る
手動でのIPアドレス、サブネットマスク設定例
 
 

パソコンやIPアドレスを使用するネットワーク機器(本製品、ルータ、アクセスポイントなど)には、通常以下のような[IPアドレス]と[サブネットマスク]が使用されます。(クラスCの場合の例)

IPアドレス

192.168.0.xxx

“xxx”には1〜254までの数字で他のネットワーク機器[パソコンを含む]と重ならない数値を入力します。

サブネットマスク

255.255.255.0

IPアドレスとは異なり、すべてのパソコンやネットワーク機器で[255.255.255.0]とします。

 

上段:IPアドレス
(下段:サブネットマスク )

 

参考
    

設定する[IPアドレス]について

    

上記例ではパソコンに[192.168.0.10]から順に設定していますが、他のすべてのパソコンやネットワーク機器と重ならない値ならば、連続している必要はありません。

 

 
ページトップへ戻る