添付ソフトウェアについて
ここでは、EasyDiskを使用してセキュリティモードを有効にした場合の解除手順について説明します。
パスワードでセキュリティモードを有効にした場合は、【パスワードで解除する】を参照してください。
 
セキュリティモードを有効にする時に使用したEasyDiskを紛失・破損した場合、アンロックまたはアンロックまたはノーマルモードに戻すことができなくなります。
その場合、弊社修理センターに送付いただければ、解除をいたしますが、内部のデータはすべて消去され、出荷時状態となります。あらかじめご了承ください。
大切なデータもすべて消去となりますので、EasyDiskの取り扱いにはくれぐれもご注意ください。
 
1 セキュリティモードを有効にする時に使用したものと同一のEasyDiskをパソコンに接続します。
 
 
 
セキュリティモードを有効にする時に使用したものと別のEasyDiskでは、セキュリティモードを解除できません。
セキュリティモード有効時に使用していたEasyDiskをご用意ください。
 
1 ロックしていたハードディスクをパソコンに接続します。
▼HDH-SUシリーズを接続した場合の例です。
 
1 [OK]ボタンをクリックします。
 
 
1 「HDDロック」ユーティリティを起動します。
[スタート]→[すべてのプログラム(プログラム)]→[I-O DATA]→[iSPIS-HDDロック]→[HDDロック]をクリックします。
 
 
1 [セキュリティモード解除]ボタンをクリックします。
 
 
EasyDiskを紛失・破損した場合
  セキュリティを有効にする時に、メモした「EasyDiskによるパスワード」で解除できます。
上の画面で[パスワードで解除する]にチェックして、メモしたパスワードを入力して、[セキュリティモード解除]ボタンをクリックしてください。
 
 
1 [はい]ボタンをクリックします。
 
 
1 [OK]ボタンをクリックします。
→セキュリティモードは解除されます。
 
 
 
 
 
 
Copyright(C)2005 I-O DATA DEVICE,INC. All rights reserved.