添付ソフトウェアについて
ここでは、弊社製EasyDiskを使用してセキュリティモードを有効にする手順について説明します。
セキュリティモードを有効にした本製品は、パソコンから取り外したり、電源を切ると、自動的にロック状態となります。
 
ロックされた本製品は、アンロックまたはノーマルモードに戻さないと使用できません。
別のパソコンに接続してもアンロックまたはノーマルモードに戻さないと使用できません。
セキュリティモードを有効にした場合、お使いの環境によっては本製品が自動的にロックされてしまう場合があります。
 
セキュリティモードを有効にする時に使用したEasyDiskを紛失・破損した場合、アンロックまたはノーマルモードに戻すことができなくなります。
その場合、弊社修理センターに送付いただければ、解除をいたしますが、内部のデータはすべて消去され出荷時状態となります。あらかじめご了承ください。
大切なデータもすべて消去となりますので、EasyDiskの取り扱いにはくれぐれもご注意ください。
 
■EasyDiskでセキュリティモードを有効にする手順
 
 
Windows XP/2000で使用する場合は、管理者権限でログオンしてご利用ください。

本製品のセキュリティモードを有効にする場合、本製品をパソコンに接続しておく必要があります。

 
1 パソコンおよびハードディスクに接続しているすべてのEasyDiskを一度取り外します。
 
1 パソコンにハードディスクを接続します。(すでに接続している場合は、そのまま)
▼HDH-SUシリーズを接続した場合の例です。
 
1 セキュリティモードを有効にするために使用するEasyDiskをパソコンまたは本製品のUSBポート(USBポートがある製品)に接続します。
 
 
2 「HDDロック」を起動します。
[スタート]→[すべてのプログラム(プログラム)]→[I-O DATA]→[iSPIS-HDDロック]→[HDDロック]をクリックします。
 
 
3 セキュリティモードを有効にするドライブを選択し、[EasyDiskで設定]ボタンをクリックします。
現在のモードがノーマルモードになっていることを確認してください。
 
3 EasyDiskを選択して、[登録]ボタンをクリックして、[OK]ボタンをクリックします。
複数のEasyDiskをキーとして利用する場合は、EasyDiskを差し替えて、[リスト更新]ボタンをクリックして、[登録]ボタンをクリックしてください。
 
 

  以下の画面が表示されたときは、選択されたEasyDiskは、他のドライブ用に登録されています。続ける場合は、[はい]ボタンを、行わない場合は、[いいえ]ボタンをクリックしてください。
 
 
 
3 [セキュリティモード有効]ボタンをクリックします。
 
 
3 [はい]ボタンをクリックします。
 
 
3 EasyDiskによるパスワードが表示されます。(32文字表示されます。)
忘れないよう何かにメモしてください。
メモした後、[閉じる]をクリックします。
 
 
 
このパスワードは、お使いのEasyDiskで生成されたパスワードです。
万一EasyDiskを破損・紛失した場合に、パスワード入力によって、ロックを解除するための非常用のパスワードです。
必ずメモしてください。
※通常時はEasyDiskでロックを解除できるため入力は不要です。
ここで表示される文字は、数字の0と1以外の半角英数字です。
大文字・小文字の区別もありますので、間違えないようメモしてください。
 
 
  EasyDiskでセキュリティモードを有効にした場合、EasyDisk内部に「HDDLock.dat」というファイルが作成されます。
このファイルはアンロックまたはノーマルモードに戻すときに必要ですので削除しないでください。このファイルを破損、または誤って削除してしまうと、アンロック/セキュリティモードの解除ができなくなってしまいます。このファイルをバックアップしておくことをおすすめします。
バックアップする場合は、他のEasyDiskにはコピーしないでください。(パソコン内蔵のハードディスクにコピーすることをお奨めします。)このファイルは、セキュリティモード有効時に使用したEasyDiskと組み合わせてはじめて機能します。

 
 
 
 
 
以上で本製品はセキュリティモードが有効になりました。読み書き可能)
この状態で、本製品をパソコンから抜いたり、電源を切ると、ロック状態となります。
ロック状態を解除する場合は、【EasyDiskで解除する】を参照してください。
 
 
 
 
 
Copyright(C)2005 I-O DATA DEVICE,INC. All rights reserved.