for HDL-Gシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
USBポート1の設定を変更する 
 

出荷時[USBポート1]は、クイックコピー用に設定されています。

その場合、増設するハードディスクを[USBポート1]に接続してもそのままでは使用できません。
ここでは、[USBポート1]の設定変更手順について説明します。

 
USBポート1を増設用に設定するUSBポート1で増設ハードディスクを使用できるようにするために、USBポート1の設定を変更する手順について説明します。

USBポート1をクイックコピー用に設定(変更)する

USBポート1で増設ハードディスク用に変更した設定を、USBクイックコピー用に戻す手順について説明します。

 

USBポート1を増設用に設定する

USBポート1で増設ハードディスクを使用できるようにするために、USBポート1の設定を変更します。


[詳細メニュー]をクリックします。

  

左に表示される詳細メニューの[ディスク]→[USBポート設定]を順にクリックします。

 

  
[USBポート1]の設定が"USBコピー用"となっていますので、画面の[USBクイックコピー]をクリックします。

  

すべての設定を[未選択]に設定後、[OK]ボタンをクリックします。

  

[結果]の画面が表示されます。

これで、クイックコピーの設定は無効になりました。

  

再度、詳細メニューの[ディスク]→[USBポート設定]を順にクリックし、USBポート1で増設ハードディスクが使用できるようになったことをご確認ください。

 

 

これで、USBポート1で増設ハードディスクを使用できるようになりました。

 
ページトップへ戻る

 

USBポート1をクイックコピー用に設定する

USBポート1で増設ハードディスク用に変更した設定を、USBクイックコピー用に戻します。

 

[詳細メニュー]をクリックします。

  
詳細メニューの[バックアップ]→[USBクイックコピー]を順にクリックします。
 

  

すべての設定を以下の出荷時の状態に戻した後、[OK]ボタンをクリックします。

 
コピー先共有の選択
disk
内蔵HDD
disk
USB HDD2
usbdisk2
USB HDD3
usbdisk3
USB HDD4
usbdisk4
   
  

[結果]の画面が表示されます。

これで、クイックコピーの設定は無効になりました。

  

詳細メニューの[ディスク]→[USBポート設定]を順にクリックし、USBポート1がクイックコピー用となったことをご確認ください。

 

 

これで、USBポート1でクイックコピーを使用できるようになりました。

 
ページトップへ戻る
Copyright (C) 2005-2006 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.