for HDL-Gシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
FAT/NTFSフォーマット増設ハードディスクを取り外す 

FAT32/NTFSフォーマットの増設ハードディスクを取り外す場合は、本製品前面の[取外し]ボタンで行います。

取り外し時は、本製品の電源が入っている状態で取り外すことができます。
取り外し後、バックアップ用として保管したり、パソコンのUSBポートに接続してそのまま使用することができます。

注意
  

本製品動作中に以下の手順を行わずに、USBケーブルを取り外すと、データの破損や本製品や増設ハードディスクの故障の原因になります。

何らかの理由で、増設ハードディスクにアクセスが行われている最中に、USBケーブルを取り外すとデータが破損するばかりか、本製品や増設ハードディスクの故障の原因になります。

必ず以下の手順を行ってください。

 

本製品をシャットダウンし、本製品の電源を切った後に取り外すこともできます。
【本製品の電源の切り方】

 

以下の取り外し手順は、FATフォーマット、NTFSフォーマットの増設ハードディスクを取り外す場合のみです。

専用フォーマットのハードディスクを取り外す場合は、【専用フォーマットのハードディスクを取り外す】をご覧ください。

  
  
  
  
 
ハードディスクを取り外す

下記の手順にしたがって取り外しを行ってください。
(以下の例は、[USBポート2]に接続したハードディスクを取り外す手順です。)

 

[選択]ボタンを押して、取り外したいUSBポートを選択し、選択したUSBランプが点滅している間に、[取外し]ボタンを“ピッ”と音が鳴るまで押します。

⇒取外し作業を開始します。

 
 
 
  
 
注意
  

HDD(内蔵ハードディスク)を選択している状態で、[取外し]ボタンを押すとエラーとなります。

  
 
  

取り外すUSBポートの[USB]ランプ、[STATUS]ランプが点滅します。しばらくお待ちください。

“ピッ”と音が鳴り、[USB]ランプが消灯し、[STATUS]ランプが点灯したら、USB機器を取り外してください。

 

 
注意

取り外しに失敗した場合、[STATUS]ランプが赤色点滅し、「ピーピーピー」と音が鳴ります。
この場合、再度同じ操作をしてください。それでも失敗する場合は、本製品の電源を切ってから取り外してください。

  
 

 

 

以上で作業は完了です。

 
ページトップへ戻る
 
 
Copyright (C) 2005-2006 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.