for HDL-Gシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
専用フォーマットハードディスクを使用できるように設定する 
 
手順
ご利用になる前に
専用フォーマットのハードディスクをご利用に
なる前の注意事項について説明します。
 

 
専用フォーマットにする増設ハードディスクを
本製品のUSBポートに接続します。
 

 
設定画面からハードディスクを専用フォーマット
にフォーマットします。
 

 
正しく専用フォーマットにフォーマットされたかを
確認します。
 
 
    

 

ご利用になる前に

 
専用フォーマットのハードディスクをご利用になる前に、以下をご確認ください。
 
注意

フォーマットするとすべてのデータは消去されます。
専用フォーマットにする場合は、一度本製品の設定画面でフォーマットする必要があります。
本製品専用フォーマットにすると、以前のハードディスクのデータはすべて消去されます。
フォーマットするハードディスクは間違えないようご注意ください。

また、ハードディスク内に必要なデータがある場合は、バックアップしておいてください。

本製品でフォーマットした増設ハードディスクは、本製品以外では使用できません。
増設ハードディスクを本製品でフォーマットすると、専用フォーマットとなります。専用フォーマットのハードディスクは、パソコンに接続しても使用できません。

専用フォーマット形式の増設ハードディスクには、システム内部およびその増設ハードディスク内に管理情報が記録されます。そのため、取り外したり、他の USB ポートに接続したりすることはできません。管理情報が失われると増設ハードディスク内のファイルが取り出せなくなりますので十分ご注意ください。

FAT形式やNTFS形式のハードディスクに戻したい場合は、パソコンに直接接続してフォーマットし直す必要があります。

専用フォーマット形式の増設ハードディスクを接続したUSBポートは、専用フォーマットのハードディスク専用となります。
専用フォーマット形式の増設ハードディスクの利用をやめ、その USB ポートに他のハードディスクを接続したい場合には、[ディスクの削除] を行う必要があります。
【専用フォーマットの増設ハードディスクを取り外す】参照

すでにUSB機器を接続している[USBポート]で使用したい場合は、そのUSB機器の取り外し処理を行う必要があります。

FAT32/NTFSフォーマットのハードディスクを接続している場合【FAT/NTFSフォーマット増設ハードディスクを取り外す】
別の専用フォーマットのハードディスクを接続している場合【専用フォーマットの増設ハードディスクを取り外す】
プリンタを接続している場合そのまま取り外すことができます。
  
  

専用フォーマットにする増設ハードディスクを本製品のUSBポートに接続します。

 
次にへお進みください
 
ページトップへ戻る

 

Copyright (C) 2005-2006 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.