for HDL-Gシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
リモートバックアップする

同一LAN内のあるWindowsパソコンの共有フォルダや別のLANDISKのデータを、本製品の内蔵ハードディスクや増設ハードディスクにバックアップすることができます。

USBポートにハードディスクを増設しバックアップする場合、増設ハードディスクをあらかじめ接続し、アクセスできることをご確認ください。
【USB接続ハードディスクの増設方法】

バックアップ方法として、設定と同時にバックアップする方法とスケジュール設定により指定した曜日や時間にバックアップする方法があります。

バックアップの状態はバックアップログで確認できます。また、ログをメールで送信することも可能です。

初めてリモートバックアップをご利用される場合は、少ないデーター容量で「今すぐバックアップする」にてお試しいただくことをお勧めいたします。

 
今すぐリモートバックアップする今すぐリモートバックアップを行う場合の設定について
スケジュールしてリモートバックアップするスケジューリングしてリモートバックアップを行う場合の設定について
バックアップログの確認やメール送信バックアップログの確認方法やログ情報のメール送信設定について
スケジュールバックアップ設定を無効にする場合スケジュールバックアップの無効設定について
注意

バックアップ元にはネットワーク上の共有フォルダを10個まで指定できます。

Windowsパソコンの共有フォルダをバックアップするには、事前にパソコン側で共有設定しておく必要があります。
手順については、以下を参照してください。
【Windowsパソコンの共有を設定する】

Macintoshパソコンの共有フォルダをバックアップすることはできません。

ドメインコントローラが存在する環境ではご利用いただけません。

 
 
 
Copyright (C) 2005-2006 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.