for HDL-Gシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
[チェックディスク]でのチェック

ここでは、[チェックディスク]でのハードディスクの状態をチェックする方法について説明します。

注意

チェックできるハードディスクは専用フォーマット形式のみとなります。

FAT形式やNTFS形式のハードディスクをチェックするときは、パソコンにUSBハードディスクを接続してチェックディスクを行うことになります。
方法は、OS側のヘルプ等をご確認ください。

   
 
 
 

本製品の設定画面で[詳細メニュー]をクリックします。

  

左に表示される詳細メニューの[ディスク]→[チェックディスク]を順にクリックします。

 

  

[ディスク選択] でチェックしたいディスクを選択し、[チェックディスク方法選択] でチェック方法を指定して [OK] ボタンをクリックします。

→チェックディスクを開始します。


 
項目 内容
ディスク選択チェックするハードディスクを選択します。
ハードディスクを増設している場合は、増設しているハードディスクを選択することもできます。
チェックディスク方法選択

[簡易チェックディスクを行なう]
ファイルシステムのチェックと自動修復を行います。異常が無い場合は早くチェックが終わります。

本製品の内蔵ハードディスクの場合、本製品の状態および容量により異なりますが、購入初期の正常なHDL-G160Uで約4分ほどかかります。

増設ハードディスクの場合、製品および容量により異なります。HDH-U160S(160Gバイト)で約6分ほどかかります。

[詳細チェックディスクを行なう]
ファイルシステムのチェックとハードディスクの物理的なチェックと自動修復を行います。

本製品の内蔵ハードディスクの場合、状態および容量により異なりますが、購入初期の正常なHDL-G160Uで約1時間ほどかかります。

増設ハードディスクの場合、製品および容量により異なります。HDH-U160S(160Gバイト)で約2時間30分〜3時間ほどかかります。

 
注意

チェックディスクを中断することはできません。

チェックディスク中に電源を切るなどして中断しないでください。
システムが破損する恐れがあります。

FAT/NTFSでフォーマットされているハードディスクは選択できません。
(直接パソコンに接続し、Windows上などでエラーチェックを行ってください。)

  
 
 
  

[結果]の画面が表示されます。

 

 

 

以上でハードディスクのチェックディスクは終了です。

ページトップへ戻る

 

Copyright (C) 2005-2006 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.