for HDL-Gシリーズ
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
Mac OS Xからコピーしたデータを確認する 
 

ここでは、デジカメやEasyDiskのデータが正しくコピーされているかを確認します。

※ここでは、データを本製品内蔵ハードディスクの[disk]共有フォルダにコピーした場合での確認例を説明します。

注意
  

Mac OS ]から本製品や増設ハードディスクにアクセスするには、本製品の[AppleShareネットワーク ファイル共有]を有効にしておく必要があります。(有効にしていない場合、本製品や増設ハードディスクにアクセスできません。)

有効にしていない場合は、本製品や増設ハードディスクへアクセスする前に設定してください。
【[AppleShareネットワーク]設定を有効にする】参照

 
 
コピーしたデータを確認する
 

[場所](または[ネットワーク環境])→[ネットワーク環境設定]をクリックします。

▼画面はMac OS ] 10.3.2での例

ネットワーク環境設定をします。

@

[表示]で[内蔵Ethernet]または[Ethernet]を選びます。

A

[AppleTalk]をクリックします。

B

[AppleTalk使用]にチェックします。

C

[今すぐ適用]をクリックします。

[システム環境設定]→[システム環境設定を終了]をクリックします。

ネットワークの設定を終了します。

[移動]メニュー→[サーバへ接続]をクリックします。

以下の手順で接続します。
 
Mac OS X (10.3以降の場合)
 

 

@
[サーバへ接続]画面が表示されますので [サーバアドレス]で[afp:/at/landisk/]※と入力します。

 

本製品の設定画面で[LANDISKの名前]を変更した場合は、"landisk"の個所に変更した名前を入力してください。

 

A
[接続]をクリックします。

 

 
 以下のようなエラーが表示され、接続できない!

または

【困ったときには】

  
 
Mac OS X (10.2.8以前の場合)
 

 

@
[サーバへ接続]画面が表示されますので [場所]で[ネットワーク]または[ローカルエリアネットワーク]を選択します。

 

A
[landisk]を選択します。

 

B
[場所]が[landisk]となっていることを確認し、[接続]をクリックします。

 

 
 
 [landisk]が検索されない!

【困ったときには】

 
参考
  
[場所]には過去に接続したことのあるサーバが表示されます。2回目以降の接続の際は、リストから選択することができます。
 
 
  

[ゲスト]を選択し、[接続]をクリックします。

マウントするボリュームとして、[disk]が選択されていることを確認して、[OK]ボタンをクリックします。

デスクトップ上に[disk]が追加されたことを確認し、ダブルクリックします。

[quickcopy]フォルダが作成されていることを確認後、ダブルクリックします。

 
参考

[quickcopy]フォルダについて

 

[コピー]ボタンでコピーする手順を行った場合に自動で作成されるフォルダです。

  
10

年月日・時刻のフォルダが作成されていることを確認後、ダブルクリックし、ファイルがコピーされているかご確認ください。

 
参考

年月日・時刻フォルダについて

 

[コピー]ボタンでコピーする手順を行った場合に、[quickcopy]フォルダの下に、デジカメ・EasyDiskのデータコピーを開始した年月日・時刻をもとにして、自動で作成されるフォルダです。

上記画面例([20050529-111634])は、2005年05月29日11時16分34秒にコピーを開始したときに作成した例です。

  
11

[usbdisk1]フォルダをダブルクリックします。

12

コピーしたファイルやフォルダが表示されます。

  
以上で確認は終了です。
 
ページトップへ戻る
Copyright (C) 2005-2006 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.