for HDL-Gシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
[ごみ箱]フォルダの使い方

ごみ箱機能を使用すると、その共有フォルダからファイルを削除しても、すぐに ファイルがなくなるわけではなく、一旦[ごみ箱]フォルダに保管されます。
ごみ箱機能を使用するには、事前にごみ箱機能を使用したい各共有フォルダの[ごみ箱機能]を有効にしておく必要があります。
(設定は、[共有設定]→[共有フォルダ]画面で行います。新しく[ごみ箱機能]を有効にする共有フォルダを作成したり、すでに作成済みの共有フォルダに[ごみ箱機能]を有効に設定することもできます。)

 
新規で[ごみ箱機能]を有効にする共有フォルダを作成する場合

共有フォルダを作成する

 
すでに作成済みの共有フォルダに[ごみ箱機能]を有効にする場合

共有フォルダの設定を変更する

 
[ごみ箱]フォルダからファイルを戻す手順

[ごみ箱]フォルダからファイルを戻す手順


▼[disk]フォルダの[ごみ箱機能]を有効にした例
([disk]フォルダ下のファイルを消去すると[ごみ箱]フォルダが自動で作成されます)

注意

Windows(MSネットワーク ファイル共有)でのみ利用できます。

[ごみ箱]フォルダ内のファイルは自動的には消去されませんので、そのままにしておくと、ファイルを削除するたびに[ごみ箱]フォルダ内にファイルがたまり、ディスクの使用領域が減っていくことがあります。定期的に[ごみ箱]フォルダ内のファイルを削除されることをお勧めします。

[ごみ箱]フォルダ内のファイルを削除すると、該当ファイルはハードディスクから完全に消去されますのでご注意ください。

[ごみ箱]フォルダは、ファイルを消去してはじめて表示されます。

   
 

 

 
[ごみ箱]フォルダからファイルを戻す手順
 

ここでは、「ごみ箱機能」を設定した[disk]フォルダからファイル(Test.txt)を削除後、[ごみ箱]フォルダから[disk]フォルダにファイル(Test.txt)を戻す手順について説明します。

※画面はWindows XPを例にしています。

  
ネットワーク上から本製品の[disk]共有フォルダにアクセスします。

  
ファイルを削除します。
 

  

[disk]フォルダからファイルが削除されると、[ごみ箱]フォルダが作成されます。
(表示されていない場合は[F5]キーを押して更新してください。)

[ごみ箱]フォルダをダブルクリックして、ファイルを移動(またはコピー)します。

  

[ごみ箱]フォルダ内の削除したファイルを[disk]フォルダに移動(またはコピー)します。

  

[disk]フォルダにファイルを戻すことができます。

 

以上で「ごみ箱機能」を設定した場合の[ごみ箱]フォルダの使い方は終了です。

ページトップへ戻る

 

Copyright (C) 2005-2006 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.