for HDL-Gシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
設定画面
  
設定画面メニューの各項目について説明します。左のメニューから見たい項目をクリックしてください。
文字入力の規則については、【文字制限について】をご覧ください。

 
表示メニュー
情報表示
システム情報
ネットワーク情報
HDD情報
USB情報
ログ情報
簡単メニュー
ネットワーク
システム時刻
詳細メニュー
ネットワーク
共有サービス設定
MSネットワーク設定
TCP/IP設定
共有管理
共有フォルダ管理
ユーザ管理
グループ管理
ディスク
USBポート設定
ディスク省電力
ディスク削除
チェックディスク
フォーマット
バックアップ
USBクイックコピー
セルフバックアップ
リモートバックアップ
システム
システム時刻
メール通知
ランプの明るさ
プリントバッファクリア
システムログ
シャットダウン
システム初期化
ファームウェア更新
管理者パスワードの変更
設定メニュー
(ユーザー用設定ページ)
ユーザパスワード変更

 
項目 内容
USBポート1

USBポート1の設定情報を表示します。
出荷時は、クイックコピー用に設定されています。

USBクイックコピー

本製品前面の USB ポート1にデジカメや USB メモリーなどを接続し、ボタン操作のみで本体内蔵 HDD や増設 USB ディスクにその内容を丸ごとコピーする機能です。わざわざパソコンを起動しなくても、簡単に画像アルバムなどが作成できます。

USBクイックコピーには[ワンタッチコピー]、[セレクトコピー]の2つの操作方法があります。

 
[ワンタッチコピー]
 
あらかじめ設定しておいた保存先の共有フォルダへ[コピー]ボタンを長押しするだけでコピーします。
 
[セレクトコピー]
 
[選択]ボタンで保存先のドライブを決定し[コピー]ボタンを押してコピーします。
[USBクイックコピー]の保存先設定
USBポート2、
USBポート3、
USBポート4共通

USBポート2〜4の設定情報を表示します。

FAT/NTFSフォーマットのハードディスク接続時

FAT/NTFSフォーマットのハードディスクを接続している場合は、以下の画面となります。

 
「ディスクの取外し」
 
設定画面上から増設ハードディスクの取り外し手順を行います。
以下の「[ディスクの取外し]での取り外し手順を参照してください。
 
「フォーマット」
 
設定画面上から増設ハードディスクを専用フォーマットにフォーマットします。
以下を参照してください。
【フォーマット】

専用フォーマットのハードディスク接続時

 

専用フォーマットのハードディスクを接続している場合は、以下の画面となります。

 

 

「ディスクの削除」
 
専用フォーマットのハードディスクを取り外す場合に行います。
取り外す場合は、必ず行う必要がありますが、データも同時に削除されます。
取り外し後、パソコンあるいは本製品で再度フォーマットしないと使用できません。
以下を参照してください。
【専用フォーマットの増設ハードディスクを取り外す】

[ディスクの取外し]での取り外し手順

画面上の「ディスクの取外し」をクリック後、以下の画面で取り外す増設ハードディスクを選択し、[OK]ボタンをクリックすると取り外し処理が始まります。

取り外し処理中は本製品前面の[STATUS]ランプが点滅します。取り外し処理が完了すると[STATUS]ランプが点灯に変わり、選択した USB ポートランプが消灯します。取り外し処理が完了してから USB ポートから装置を外してください。

 
 
  
 ページトップへ戻る
Copyright (C) 2005-2006 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.