for HDL-Gシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 

「指定ユーザ」用の共有フォルダを作る

 
 

手順
アクセスさせるユーザを確認します。
確認ユーザを次の手順で本製品に登録します。
 

  
ユーザを本製品の設定画面で登録します。 

  
共有フォルダを作成する
共有フォルダを作成します。 

  
作成した共有フォルダにアクセスします。 
 
    

 

共有フォルダを作成する
  本製品の設定画面で「指定ユーザ」用の共有フォルダを作成します。
  

詳細メニューの[共有管理]→[共有フォルダ管理]を順にクリックします。

 

  
[新規共有フォルダの追加]をクリックします。

  

作成する共有フォルダを設定します。

以下は、"user1-only"という共有フォルダを作成する場合の例です。

 

 

項目

設定する内容

共有フォルダ名

共有フォルダの名前を入力します。

この名前が、ネットワーク上([マイネットワーク]や[ネットワークコンピュータ]など)に表示される本製品の名前の下に表示されます。

▼Windows XPでの表示例

使用できる文字には制限があります。以下の【注意】をご覧ください。
注意
 
共有フォルダ名には使用できる文字に制限があります。

12文字以下です。

共有フォルダ名には以下の文字のみ使用できます。

半角英数文字 0〜9 A〜Z a〜z
アンダーバー _
ハイフン -  (ハイフン - で始まる文字列は不可)

共有フォルダ名に、スペースは使用できません。

ユーザ名と同じ共有フォルダ名を使用することはできます。

共有フォルダのコメント

Windows用です。

ここに入力したコメントが、ネットワーク上の共有フォルダのコメントとして表示されます。

▼Windows XPでの表示例

注意
 
共有フォルダのコメントには使用できる文字に制限があります。

48文字以下です。

半角英数字のみ使用できます。

以下の文字は使用できません。

\ ~ $ : , " | ' [ ]
(ハイフン - で始まる文字列は不可)

共有フォルダの作成先

共有フォルダを作成するハードディスクを選択します。
注意
  

増設ハードディスクの場合、専用フォーマットにフォーマットされているハードディスクのみ共有フォルダを作成できます。
FAT/NTFSフォーマット形式の増設ハードディスクには、共有フォルダを作成することはできません。(ドライブ全体がひとつの共有として認識されます。)

  

アクセス権の選択

この共有フォルダにアクセスできるユーザやグループを選択します。

ここでは、[指定ユーザのみ許可]を選択し、ユーザ(画面例では本製品に登録した「user1」)を選択します。

サービスの選択

共有フォルダのサービスを選択します。

「指定ユーザーのみ許可」の設定を行った場合に、有効にできる共有サービスのみ選択可能です。

Microsoftネットワーク ファイル共有
Windows からこのフォルダにアクセスしたい場合にチェックします。
AppleShareネットワーク ファイル共有
Macintosh からこのフォルダにアクセスしたい場合にチェックします。
Media Serverで公開
ネットワークメディアプレーヤーやAVeL LinkPlayerからこのフォルダにアクセスしたい場合にチェックします。
Anonymaous FTPを許可
Anonymous FTP は、全共有(全てのユーザがアクセスできる共有)の場合のみ指定できます。
User FTPを許可
FTP サービスを利用してこのフォルダにアクセスしたい場合にチェックします。

→同時に登録できる User FTP フォルダは1つのみとなります。User FTP 機能では FTP サービスを使ってファイルの読み書きが可能です。ファイル名が日本語の場合は、文字コード UTF-8 に対応する FTP クライアントソフトをご利用ください。

注意
  

MSドメインログオン機能を利用する場合は、[Microsoftネットワーク ファイル共有]のみをチェックしてください。

  

ごみ箱機能

Windows(MSネットワーク ファイル共有)でのみ利用できます。

作成する共有フォルダについて、ごみ箱機能を使用するかどうかを指定します。
ごみ箱機能を使用すると、その共有フォルダからファイルを削除しても、すぐに ファイルがなくなるわけではなく、一旦[ごみ箱]フォルダに保管されます。
[ごみ箱]フォルダ内のファイルは自動的には消去されませんので、そのままにしておくと、ファイルを削除するたびに[ごみ箱]フォルダ内にファイルがたまり、ディスクの使用領域が減っていくことがあります。定期的に[ごみ箱]フォルダ内のファイルを削除されることをお勧めします。

[ごみ箱]フォルダの使い方については以下の個所を参照してください。
【[ごみ箱]フォルダの使い方】

 

[結果]の画面が表示されます。
設定した内容をご確認ください。

これで、ユーザ:user1専用の共有フォルダが作成されました。

 

 

次に作成した共有フォルダへアクセスしてみましょう。

 
次にへお進みください

 

Copyright (C) 2005-2006 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.