for HDL-GXシリーズ
for HDL-GXRシリーズ
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
Mac OS XからFATハードディスクにアクセスする 

Mac OS XからFATハードディスクにアクセスする手順について説明します。

注意
  

MacintoshパソコンからNTFSフォーマットのハードディスクにアクセスすることはできません。

  
  

Mac OS ]からFATハードディスクにアクセスするには、本製品の[AppleShareネットワーク ファイル共有]を有効にしておく必要があります。(有効にしていない場合、FATハードディスクにアクセスできません。)

有効にしていない場合は、FATハードディスクへアクセスする前に設定してください。
【[AppleShareネットワーク]設定を有効にする】参照

 
 
 
増設ハードディスクにアクセスする
   
1
[場所](または[ネットワーク環境])→[ネットワーク環境設定]をクリックします。

▼画面はMac OS ] 10.3.2での例

  
2
ネットワーク環境設定をします。
@[表示]で[内蔵Ethernet]または[Ethernet]を選びます。
A[AppleTalk]をクリックします。
B[AppleTalk使用]にチェックします。
C[今すぐ適用]をクリックします。
  
3

[システム環境設定]→[システム環境設定を終了]をクリックします。

ネットワークの設定を終了します。

  
4

[移動]メニュー→[サーバへ接続]をクリックします。

  
5
以下の手順で接続します。 
 
Mac OS X (10.3以降の場合) 
 
@ [サーバへ接続]画面が表示されますので [サーバアドレス]で[afp:/at/landisk/]※と入力します。
本製品の設定画面で[LANDISKの名前]を変更した場合は、"landisk"の個所に変更した名前を入力してください。
A[接続]をクリックします。
 
 以下のようなエラーが表示され、接続できない!

または

【困ったときには】

  
 
Mac OS X (10.2.8以前の場合) 
 
@[サーバへ接続]画面が表示されますので [場所]で[ネットワーク]または[ローカルエリアネットワーク]を選択します。
A[landisk]を選択します。
B[場所]が[landisk]となっていることを確認し、[接続]をクリックします。
 
 
  [landisk]が検索されない!

【困ったときには】

 
参考
   
[場所]には過去に接続したことのあるサーバが表示されます。2回目以降の接続の際は、リストから選択することができます。
  
 
  
6
[ゲスト]を選択し、[接続]をクリックします。

  
7

マウントするボリュームとして、[esata1]が表示されます。
これが増設ハードディスクです。

[esata1]をクリックし、[OK]ボタンをクリックします。

  
8
デスクトップ上に増設ハードディスクの共有フォルダがマウントされましたら、増設ハードディスクのデータを使用できます。
  
 
注意

専用フォーマットおよびFAT/NTFSフォーマットのeSATA増設ハードディスクは、いずれもネットワーク上は[esata1]と表示されます。

ハードディスクを複数パーティションに分割していた場合は、先頭のパーティションのみしか表示されません。

 
  

 

以下もご覧ください。

ファイルを読み書きする場合の注意・制限本製品の[disk]フォルダや新しく作成した共有フォルダ、あるいは、増設ハードディスクにファイルを読み書きする際の注意・制限について説明します。

 

 
ページトップへ戻る

 

Copyright (C) 2006-2007 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.