for HDL-GXシリーズ
for HDL-GXRシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
エラー通知を設定する

以下の場合、[エラー通知]設定で、ディスクエラーのメール通知を行うことができます。

・内蔵ハードディスク、または、ミラーリングしているディスク(内蔵ハードディスク+eSATAハードディスク)の読み書きでエラーが発生した場合
・リビルドに失敗した場合
・[パトロールリード]の正常終了、エラーセクタが検出された場合
・[スポットリペア]の正常終了、修復に失敗した場合

 
 
本製品の設定画面を開きます。

  
[詳細メニュー]をクリックします。

  
左に表示される詳細メニューの[ディスク]→[エラー通知]を順にクリックします。

  
[ディスクエラーのメール通知]欄で、[有効]にチェックし、[送信先メールアドレス]を入力後、[OK]ボタンをクリックします。

 
項目 内容
送信先メールアドレス

ディスクエラー情報を送信する送信先のメールアドレスを入力します。

※メール送信先は、1宛先のみです。

  

次に、メールが正常に送信されるか確認します。

詳細メニューの[システム]→[メール通知]を順にクリックします。

 

  

[メール通知]の[する]をチェックし、[SMTPサーバ][差出人メールアドレス]を入力します。

必要に応じて、[POP before SMTP設定]を設定します。

すべて設定後、[設定保存]ボタンをクリックします。

  
 
項目 内容
メール基本設定
メール通知ログ情報やバックアップ完了通知などをメールで送信するかどうかを設定します。
SMTPサーバメール送信に利用する SMTP サーバを設定します。
プロバイダや会社のメールサーバなど、送りたいメールアドレスに合致するサーバ名を入力してください。
差出人メールアドレス送信するメールアドレスの差出人を設定することができます。
送信メールサーバが差出人チェックを実行している場合や、どこから送られてきているのかを明確にしたい場合などに設定します。
POP before SMTP設定
POP before SMTP

送信メールサーバのセキュリティ設定により、送信前にメール受信動作が必要な場合に設定します。

本動作において、本装置は実際にメール受信は実行しません。
送信のために必要な認証処理のみ実行します。

 

POPサーバPOP サーバ名を入力します。
POPユーザ名メール受信に使用するユーザ名を入力します。
POPパスワードメール受信に使用するパスワードを入力します。
  

”メール設定を保存しました”と表示されます。

  

画面下の[メール通知テスト]で、正しく設定されたかを確認します。

[送信先メールアドレス]を入力後、[テストメール送信]ボタンをクリックします。
→テストメールを送信します。

  
 
項目 内容
メール通知テスト
送信先メールアドレス

送信先のメールアドレスを入力します。

  

正しく送信されると右の画面となります。

  
 
以下のようなエラーが表示された!

【困ったときには】

  
10

メール受信側のパソコンでは、右のようなメールが届きます。

表示はお使いのメーラーにより異なります。

▼件名

▼内容

 

 

これでディスクエラー時のメール送信設定は終了です。

ページトップへ戻る

 

Copyright (C) 2006-2007 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.