for HDL-GXシリーズ
for HDL-GXRシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
ミラーリングを構築する 
 
手順
ミラーリング用ハードディスクをご利用に
なる前の注意事項について説明します。
 

 
ハードディスクを接続する
ミラーリング用増設ハードディスクを
本製品のeSATAポートに接続します。
 

 
設定画面からミラーリングを設定します。 
 
    

 

ハードディスクを接続する

 
ミラーリングにするeSATAハードディスクを本製品のeSATAポートに接続します。
 
注意

すでに[eSATAポート]にミラーリングを構築する以外のeSATAハードディスクを接続している場合は、そのeSATAハードディスクの取り外し処理を行う必要があります。

FAT32/NTFSフォーマットのeSATAハードディスクを接続している場合【FAT/NTFSフォーマット増設ハードディスクを取り外す】
専用フォーマットのeSATAハードディスクを接続している場合【専用フォーマットの増設ハードディスクを取り外す】
  
  

本製品の電源が入っていることを確認します。

 

注意

本製品の電源が入っている状態で接続できます。

  
  
   
  

eSATAハードディスクの電源ケーブルを電源コンセントに接続します。

本製品に接続するまでeSATAハードディスクの電源は入りませんが、問題ありません。
※電源連動機能については、eSATAハードディスクの取扱説明書をご覧ください。

 
注意

eSATAハードディスクのケーブルをeSATAケーブルに切り替える場合は、一度eSATAハードディスクの電源ケーブルをコンセントから抜き差ししてください。
パソコンや本製品のUSBポートでご利用になっていたeSATAハードディスクのUSBケーブルをeSATAケーブルに切り替える場合は、切り替える前に一度eSATAハードディスクの電源ケーブルの抜き差しを行ってください。
電源ケーブルの抜き差しを行わずにeSATAケーブルに切り替えて本製品の[eSATAポート]に接続しても、本製品に認識されない場合があります。

以前に[ミラーディスクの保管]を行ったeSATAハードディスクを接続して本製品を起動すると、ミラーリング設定用の起動ディスクの選択操作およびミラーリング再構築の設定に移ります。
【保管したミラーディスクから復旧する】

通常のFATやNTFSフォーマットのハードディスクとして使用したい場合は、eSATAハードディスクをパソコンに接続してフォーマットする必要があります。※フォーマットするとデータはすべて消去されます。

本製品がミラーリングモード状態(単体動作)のまま、FAT32やNTFSフォーマットのeSATAハードディスクを接続してもFAT32やNTFSフォーマットのeSATAハードディスクとしては認識されません。[ミラーリングの停止]を行ってから接続し直してください。

ミラーリングの停止については、以下を参照してください。
【ミラーリングを停止(解除)する】

 
  
本製品のeSATAポートにeSATAハードディスクを接続します。
 
注意

本製品のランプが点滅中は、eSATAハードディスクを接続しないでください。

本製品の電源が入っている状態で接続できますが、[STATUS]ランプが点滅中(設定画面操作中)や、本製品にアクセス中([ACCESS]ランプが点滅中)にeSATAハードディスクを接続しないでください。

本製品にすでに別の増設ハードディスクを接続している場合にも、そのハードディスクのランプをご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

以上で接続は完了です。
次に、eSATAハードディスクをミラーリングに設定します。

 
次にへお進みください
 
ページトップへ戻る

 

 
Copyright (C) 2006-2007 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.