for HDL-GXシリーズ
for HDL-GXRシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
ミラーリングを停止(解除)する 

一度設定したミラーリングをやめる場合は、ミラーリングを停止する必要があります。

eSATAポートに接続していたミラーリング用ハードディスク(HDC-UXシリーズ)を、eSATAポートに接続してFATやNTFSフォーマットのハードディスクとして使用する場合、あるいは、専用フォーマットのハードディスクとして使用する場合は、ミラーリングの停止を行わない限り、使用できません。

注意
  

ミラーリング停止後、内蔵ハードディスクには、停止前のデータが残っているためそのままミラーリング停止前同様にデータを扱うことができます。
ただし、ミラーリング停止後、ミラーリングを構築したい場合は、ミラーリング開始→ミラーリング構築の作業が必要となります。

 
ミラーリングを停止(解除)する

下記の手順を行ってください。

 
本製品の設定画面を開きます。

  
[詳細メニュー]をクリックします。

  
左に表示される詳細メニューの[ディスク]→[ミラーリング]を順にクリックします。

  

画面下の[ミラーリング停止]ボタンをクリックします。

  

[OK]ボタンをクリックします。

  

[OK]ボタンをクリックします。

  

[結果]の画面が表示されます。

  

以上でミラーリングの停止は完了です。

停止後、eSATAハードディスクは、専用フォーマットでご利用になるか、FAT/NTFSフォーマットのハードディスクとしてご利用ください。

 

・eSATAハードディスクを専用フォーマットのハードディスクとしてご利用になる場合

 
【停止したミラーディスクを専用フォーマットにする】へ進む
 

・eSATAハードディスクをFAT/NTFSフォーマットのハードディスクとしてご利用になる場合

 
【停止したミラーディスクをFAT/NTFSフォーマットにする】へ進む
 
 
注意
  

ミラーリング停止後、eSATAハードディスクを接続したまま本製品の再起動を行うと、ミラーリング設定用の起動ディスクの選択操作およびミラーリング再構築の設定に移ります。
【保管したミラーディスクから復旧する】

eSATAハードディスクは、専用フォーマットにフォーマットするか、取り外し操作で取り外してください。

 
ページトップへ戻る
 

 

Copyright (C) 2006-2007 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.