for HDL-GXシリーズ
for HDL-GXRシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
パトロールリードを実行する

ここでは、[パトロールリード]でハードディスクの状態をチェックする方法について説明します。

注意

パトロールリードできるハードディスクは、内蔵ハードディスクまたはミラーリングにしたディスク(内蔵ハードディスク+eSATAハードディスク)のみです。

   
 
 
 
本製品の設定画面を開きます。

  
[詳細メニュー]をクリックします。

  
左に表示される詳細メニューの[ディスク]→[ディスク管理]を順にクリックします。

  

[内蔵HDD]欄横の[操作]欄で、[パトロールリード]を選択後、 [実行] ボタンをクリックします。

  

[パトロール機能]欄の[開始]ボタンをクリックします。
→パトロールリードを開始します。

 
注意

パトロールリード中にも本製品の他の操作を行うことができます。
パトロールリードは、バックグラウンドで処理を行うため、パトロールリード中に本製品の他の操作を行うことができます。
また、パトロールリード中に[電源]ボタンで本製品の電源を切った場合、処理が中断されますが、再度本製品の電源を入れれば、中断した個所から再開します。

パトロールリードには、ネットワークからのアクセスおよびバックアップの処理がない状態で、おおよそ3G/1分かかります。
例えば、HDL-GX300の場合、おおよそ300÷3=100分かかります。
※あくまで目安の時間です。

  
 
 
参考

パトロールリードで不良セクタが発見された場合、ディスクエラーのメール通知を行うことができます。
以下の個所を参照してください。

【エラー通知を設定する】

  
  
  

[結果]の画面が表示されます。

 

 
参考
再度、[パトロールリード]の画面を開くと、[パトロール状態]に「パトロール実行中」と表示されます。
  
  
  

[パトロールリード]終了後、パトロールリードが正常終了すると、「エラーは発見されませんでした」と表示されます。

 
注意

ミラーリング構成時に、[パトロール状態]に「スポットリペア可能なエラーが発見されました」のエラーが表示されている場合は、[スポットリペア機能]欄横の[修復実行]ボタンをクリックして修復を行ってみてください。

  
  
 
 

 

 

以上でパトロールリードの実行は終了です。

ページトップへ戻る

 

Copyright (C) 2006-2007 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.