for HDL-GXシリーズ
for HDL-GXRシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
省電力機能の設定方法

ハードディスクを省電力設定にすることにより、一定時間アクセスがなければ内蔵ハードディスクの回転を停止し、冷却ファンの回転を停止します。
これにより電力消費を抑えるだけでなく、使っていないときは無音の状態に設定できます。また、本製品の省電力機能に対応しているドライブを増設ハードディスクとして使用することにより増設ハードディスクも同時に省電力モードに設定することができます。

ここでは、ハードディスクの省電力機能の設定について説明します。

 
 

本製品の設定画面で[詳細メニュー]をクリックします。

  

左に表示される詳細メニューの[ディスク]→[ディスク省電力]を順にクリックします。

 

  

[ディスクの省電力設定]および[ディスクごとの省電力設定]を設定後、[OK]ボタンをクリックします。

 
項目 内容

ディスクの省電力設定

時間選択

一定時間、本製品や増設ハードディスクにアクセスがない場合に、ハードディスクの動作を停止させ、冷却ファンの回転を停止させる機能です。この停止までの時間を変更できます。(初期値は10分です。)

設定時間内にハードディスクにアクセスしなくても本製品のシステムがハードディスクにアクセスした場合は、ハードディスクおよび冷却ファンの動作は停止しません。

ディスクごとの省電力設定

内蔵HDD、
eSATAポート HDD1、
USB HDD1、
USB HDD2共通

省電力設定を設定するハードディスクを選択できます。

有効:
省電力設定を有効にします。

無効:

省電力設定を無効にします。
 
注意

eSATAポート、USBポートに接続した増設ハードディスクの省電力機能は、省電力機能に対応している場合のみ「有効」を選択してください。
省電力機能に対応していない増設ハードディスクで設定を「有効」にすると、予期せぬ動作をすることがあります。

増設ハードディスクの省電力機能の動作確認済み機種は、弊社ホームページをご覧ください。 

  
 
  

[結果]の画面が表示されます。

 

 

 

以上でハードディスクの省電力機能の設定は終了です。

ページトップへ戻る

 

Copyright (C) 2006-2007 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.