for HDL-GXシリーズ
for HDL-GXRシリーズ
 
もくじ用語解説困ったときには本マニュアルでの呼び方/マークの説明
 
設定画面
  
設定画面メニューの各項目について説明します。左のメニューから見たい項目をクリックしてください。
文字入力の規則については、【文字制限について】をご覧ください。

 
表示メニュー
情報表示
システム情報
ネットワーク情報
HDD情報
USB情報
ログ情報
簡単メニュー
ネットワーク
システム時刻
詳細メニュー
ネットワーク
共有サービス設定
MSネットワーク設定
TCP/IP設定
共有管理
共有フォルダ管理
ユーザ管理
グループ管理
ディスク
ディスク管理
ミラーリング
エラー通知
ディスク省電力
バックアップ
USBクイックコピー
セルフバックアップ
リモートバックアップ
システム
システム時刻
メール通知
プリントバッファクリア
システムログ
シャットダウン
システム初期化
ファームウェア更新
管理者パスワードの変更
設定メニュー
(ユーザー用設定ページ)
ユーザパスワード変更

■ミラーリング設定(設定前)の表示

 
▼内蔵HDD、eSATA HDD1共通
項目 内容
状態

ハードディスクの状態を表示します。

共有フォルダ管理で使用中:

接続された専用フォーマットのディスクが、共有フォルダ管理で使用できることを示します。

ミラーリング構成ディスク:

接続されたディスクが、ミラーリング用のディスクであることを示します。

FAT/NTFSディスク共有として使用中:

接続されたFAT/NTFSフォーマットのディスクが、共有ディスクとして使用できることを示します。

未接続:

ディスクが接続されていないことを示します。

未使用:

接続されたディスクが、不明なディスクであることを示します。

HDD名ハードディスクのドライブ名です。
接続されていない場合、[未接続]と表示されます。
専用/FAT32/NTFSフォーマット以外のハードディスクの場合は、[不明]と表示されます。
HDD全容量(byte)
ハードディスクの使用できる全容量です。
メモ
※内蔵HDDのみ

装置が特定できるよう、各装置ごとにメモを設定することが出来ます。
ここでは設定されているメモが表示されます。

最終更新時刻
※内蔵HDDのみ

最後に装置をシャットダウンした日時、または最後に装置を取り外した日時が表示されます。

▼ボタン
ボタン 内容
内蔵HDDからeSATA HDD1へミラーリング開始

※内蔵HDDから起動した場合のボタンです。

ミラーリングを開始する場合にクリックします。
内蔵HDDがミラーリング元、eSATAハードディスクがミラーリング先となり、ミラーリングを構築します。
内蔵HDDのディスクの内容は残り、eSATAハードディスクのディスクの内容は消去され、内蔵HDDのディスクの内容に上書きされます。

eSATA HDD1から内蔵HDDへミラーリング開始

※eSATAハードディスクから起動した場合のボタンです。

ミラーリングを開始する場合にクリックします。
eSATAハードディスクがミラーリング元、内蔵HDDクがミラーリング先となり、ミラーリングを構築します。
eSATAハードディスクのディスクの内容は残り、内蔵HDDのディスクの内容は消去され、eSATAハードディスクのディスクの内容に上書きされます。

 
 

■ミラーリング設定(設定後)の表示

 
▼ミラーリング状態
項目 内容
ミラーリング状態

ミラーリングの状態を表示します。

通常動作:

ミラーリングとしたディスク(内蔵ハードディスク+eSATAハードディスク)は、ミラーリング状態です。
データ保護されています。

再構築中:

ミラーリングとしたディスク(内蔵ハードディスク+eSATAハードディスク)は、再構築中です。

単体動作:

一方のディスクでのみ動作している状態です。
データ保護はされておりません。

全容量(byte)
ハードディスクの使用できる全容量です。
空き容量(byte)

ハードディスクの空き容量です。

▼ミラーリング構成
項目 内容
ディスク

ディスクを表示します。

内蔵HDD:

内蔵ハードディスクです。

eSATA HDD1:

eSATAハードディスクです。

状態

ミラーリングを構成している各ハードディスクの状態を表示します。

正常:

接続されたディスクがミラーリングのディスクとして動作している状態です。

再構築中:

正常なディスクから再構築している状態です。

未使用:

ミラーリングのディスクとして動作していない状態です。

未接続:

ディスクが接続されていないことを示します。

HDD名ハードディスクのドライブ名です。
接続されていない場合、[未接続]と表示されます。
専用/FAT32/NTFSフォーマット以外のハードディスクの場合は、[不明]と表示されます。
HDD全容量(byte)
ハードディスクの使用できる全容量です。
メモ

装置が特定できるよう、各装置ごとにメモを設定することが出来ます。
ここでは設定されているメモが表示されます。

最終更新時刻

最後に装置をシャットダウンした日時、または最後に装置を取り外した日時が表示されます。

▼ボタン
ボタン 内容
ミラーリング停止

ミラーリングを停止する場合にクリックします。
停止後、ミラーリングとしたディスク上の共有は、内蔵ハードディスクに残ります。

停止後、内蔵ハードディスクは「専用フォーマットのディスク接続用」となり、eSATAハードディスクは「未使用」状態になります。

ミラーディスクの保管

ミラーディスク(eSATAハードディスク)に現在のシステム情報およびデータを保管する場合にクリックします。

本ボタンクリック後、本製品は自動的にシャットダウンしますので、シャットダウン後、eSATAハードディスクを本製品から取り外した後、システムバックアップ用ディスクとして保管することができます。

 
 
 
 

 

  
 ページトップへ戻る
Copyright (C) 2006-2007 I-O DATA DEVICE, INC. All Rights Reserved.