各部の名称と働き
本製品の各部の名前と働きについて説明します。
 
前面および側面
背面および底面
 
 
前面および側面
 

 No.
 名称
 用途
@内蔵マイク
本製品の周りの音を取り込みます。
環境により、映像より音声が遅れて聞こえる、途切れて聞こえる場合がありますがご了承ください。
AACCESSランプ
本製品へのアクセス状態を表します。
緑点灯:
電源投入時
緑点滅:
アクセス中(LANのACT状態を表します。)
橙点灯:
USBメモリーを使用した無線LAN設定でエラー
橙点滅:
無線LAN設定中、初期化中
橙(明⇔暗):
プライバシーモードで動作中
B人感センサー
周囲の温度変化を読み取って、認識します。
検知範囲:
水平約±15度(30度)・垂直約±42.5度(85度)
検知距離:
約5m(周辺20℃環境時)
※環境により、誤認識したり、認識しない場合があります。
Cカメラ部
傷をつけないようご注意ください。
リモート操作にて、パン・チルト動作が可能です。
パン角(水平):
±120度(計240度)
チルト角(垂直):
+5度〜-45度(計50度)
リングをまわすこと(マニュアル[手動])操作にて、フォーカス調整が可能です。(約20cm〜∞(無限大))
詳しくはカメラ表示の調整方法をご確認ください。
出荷時には、5m先にピントが合うように設定されています。(一般的な室内を想定)
反時計回り:
近接方向へ(約20cmまで)
時計回り:
無限遠方向へ(∞)
D照明用白色LED
夜間や暗い場合に、リモート操作にて照明として利用できます。
照明範囲:
水平 約±15度(30度)・垂直 約±15度(30度)
照明距離:
約2m
E稼動部
パン動作時に稼動します。
内部に、パン・チルト動作に必要な機構が内蔵されています。
本部は非常に精密に作られております。
手などで直接回したりしないでください。故障の原因となります。
FUSBポート

USBマスストレージ機器(USBフラッシュメモリー/USBハードディスクなど)を接続できます。
対応機種の詳細は、弊社ホームページをご確認ください。
(http://www.iodata.jp/promo/bb/index.htm)

Windows® Connect Nowによる無線LANの設定が可能です。※TS-MCAM-Gのみ

GSTATUSランプ

動作状態を表示します。
各種動作の状態は以下の対応表を確認してください。

 
STATUSランプ
動作対応表
UPnP
設定中
正常
設定OFF
DDNS
登録中
橙点滅
橙点灯
正常
緑点滅
緑点灯
異常
赤点滅
赤点灯
設定OFF
緑点滅
緑点灯
DHCPエラー
赤⇔橙の交互点滅
※DHCPエラー時の自動設定IPアドレスは、
192.168.0.150となります。
システム起動中
消灯
HPボタン
(プライバシーモードスイッチ)
Pボタンは、状態に応じて、以下の各種動作に利用できます。
《プライバシーモードの設定/解除》

1秒程度短く押します。
通常動作時において、Pボタンを押すことで、プライバシーモードに設定できます。
プライバシーモード時、カメラ部は格納されます。
家庭などにおいて、外部から見られたくない場合などに、使用します。
プライバシーモードを解除する場合は、再度、Pボタンを押すことで解除できます。

《USB機器の取り外し》
5秒以上押し続けます。
ボタンの長押しにて、USBポートに接続されている機器の取り外し処理を実行します。
取り外し後、「ピポッ」と音がします。
《無線設定クイックコピー》 
TS-MCAM-Gのみの機能です。
[無線設定クイックコピー]と上記[USB機器の取り外し]は、設定画面にて切り替えます。
設定画面の【システム設定】→【ボタン機能設定】参照
5秒以上押し続けます。
弊社製WN-APG/AやWN-AG/Aなどから、無線設定を有線LAN経由でコピーする場合に、使用します。
コピー終了後、「ピピーッ」と音がします。
ILANポート
(100BASE-TX/10BASE-T)
LANケーブルを接続します。
Auto-MDI/MDI-Xのため、ストレートおよびクロスのいずれのLANケーブルでも接続できます。
JDCコネクター

添付のACアダプターのDCプラグを挿入します。
また、オプションのPOE-PR(Power over Ethernet アダプタ)も利用可能です。

K無線アンテナ
※TS-MCAM-Gのみ

無線LANアンテナを内蔵しています。

 

 

 

 

背面および底面
 

 No.
 名称
 用途
L壁掛け用取り付け穴

壁掛け時に利用します。

M定格ラベル

シリアル番号/MACアドレス/iobbアクセスコード/2次元バーコード(QRコード)が記載されています。

インターネットからのアクセスを自動で行うiobbスマート設定を利用する場合は、 iobbアクセスコード(10桁の数字)を使用します。

また、ご利用の携帯電話が2次元コードリーダーの機能を持っている場合は、2次元バーコード(QRコード)を読み込むことで、メイン画面を開くことができます。

※QRコードは、デンソーウェーブ鰍フ登録商標です。

N電源ケーブル固定溝

壁掛け時に電源ケーブルをこの溝に固定できます。

O三脚用ネジ穴

添付のスタンドを取り付ける際に使用します。
また、JIS B7103 1/4規格に準じていますので、市販のカメラ用三脚や各種マウンタなどをご利用いただけます。

Pリセットスイッチ
1回押し(約1秒)
本製品を再起動します。
5秒以上長押し
本製品を工場出荷時設定に戻します。
 
 
Copyright(C)2005 I-O DATA DEVICE,INC. All rights reserved.