Q&A

WindowsXPでのドライバアンインストール方法について

<内容>

以下の手順で削除してください。

− 削除手順 −

1. WindowsXpを起動します。
2. 起動後、USBポートにUSB-RSAQ2を差し込みます。
3. 「スタート」ボタンをクリックし、「マイコンピュータ」を右クリックし、
   「プロパティ」を選択します。
4. 「ハードウェア」タブに変え、「デバイスマネージャ」ボタンをクリックし
  ます。
5. デバイスマネージャ一覧の[ポート(COM/LPT)]をクリックし、その中に 
   USB-RSAQ2 のドライバ名があれば、その表示を右クリックし、削除を選択
   します。
6. 同じくデバイスマネージャ一覧で、[その他のデバイス]が無いかを確認
   します。
   あれば、[その他のデバイス]をクリックし、「!USB Device」や
   「!I-O DATA USB-RSAQ2」という表示があれば、その表示を右クリックし、
  削除を選択します。
7. 削除しましたら、デバイスマネージャ、システムのプロパティなど開いてい
  る画面を順に閉じてください。
8. USBポートから、USB-RSAQ2を取り外します。
9. 「スタート」ボタンを右クリックし、「エクスプローラ(X)」を選択します。
10.「ツール」→「フォルダオプション」を選択します。
  表示タブに変え、ファイルとフォルダの表示にて「すべてのファイルと
   フォルダを表示する」にチェックをつけ、「登録されているファイルの
   拡張子は表示しない」という項目のチェックは外してください。
   [OK]ボタンを押します。 
11.エクスプローラ画面の左枠の中から「ローカルディスク C:」
   (WindowsXPがセットアップされているドライブ)をクリックし、枝別れ
   した中にある[Windows]フォルダクリックします。
   更に枝別れした中にある[INF]フォルダを右クリックします。

12.表示されたメニューから「検索(E)」を選択し、開いた検索条件の入力のと
   ころで、以下のように入力してください。

         ファイル名のすべてまたは一部  : 空白
        ファイルに含まれる単語または句: USB-RSAQ2
        探す場所            : inf

       ※ 指定されたフォルダが不正とのメッセージが表示される場合、
          探す場所 c:\windows\inf と入力して行ってください。 
  
   以上の条件を設定して検索ボタンを押します。

13. 見つかったファイルの名前をメモに控え、その oemx.inf を
    右クリックし、削除を選択します。

14. 右上の × ボタンを押して、検索ウィンドウを閉じます。

15. 検索して見つかったファイルは、PNFというファイルとしても
    情報が残ります。
    よって、見つかったファイルの名称で、かつ拡張子が PNF と
    なっているファイルが下記フォルダの中にないか探し、あれば、
    そのファイルも削除してください。

    [探す場所] C:\WINDOWS\INF

        ※ WindowsXPがインストールされているドライブが C: 
           の WINDOWS というフォルダの場合

   <ファイルを探す方法>  
  a. [スタート]-[プログラム]-[アクセサリ]-[エクスプローラ]を
      起動します。
  b.「マイコンピュータ」の中の「ローカルディスク(C:)」 を開き、
     「WINDOWS」 というフォルダを開き、さらにその中の「INF」
      フォルダを開きます。
   c. 開いたINFフォルダの中に、上記 手順13. でメモ/削除した
      ファイルと同じ名前で、拡張子がPNF となっているファイルが
      あるか探してください。
      ( 13.で見つかったファイルが oem12.inf だった場合、
         [ oem12.PNF ]というファイルを探してください。 )
   d. 見つかったらそのファイルを右クリックして、削除してください。


以上で、インストールされた情報が削除されます。

再度、インストールする場合は、USBポートにUSB-RSAQ2を取り付けますと
「新しいハードウェアウィザードの開始」画面が表示され、インストール
を行なうことができます。
Q&A番号 10038
このQ&Aの対象製品 USB-RSAQ2

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】