Q&A

WindowsXPのパソコンで「ファンクションが間違っています」と表示されるの
ですが?

<現象>

WindowwsXPのパソコンのUSBポートに装着すると、リムーバブルディスクとして
認識されるが、そのドライブアイコンをクリックすると下記のメッセージが表示
されて使用できない。

「H:\にアクセスできません。ファンクションが間違っています。」
  (H:ドライブで認識されている場合の表示例)

<対処>

「携速」という仮想CDソフトをご使用の場合に、このメッセージが表示され
る場合があるようです。

EasyDiskに割り当てられているドライブ文字(H:ドライブなど)と、「携速」で
確保している仮想CD-ROMドライブ(マウント可能なCD-ROMドライブ)のドライブ
文字が重なっていると、このようなエラーになるようです。

対処方法としては、下記の点をお試しください。

(1) EasyDiskのドライブ文字を、重ならないように後ろの方の文字にずらす方法

1.パソコンにEasyDiskを装着して、「マイコンピュータ」の中に
 リムーバブルディスクとして表示されていることを確認します。
2.デスクトップ上の「マイコンピュータ」のアイコンを右クリックし
 「管理」を選択します。 
3.「コンピュータの管理」の画面で、左側の枝状の表示の中の
 「ディスクの管理」を選択します。 
4.右側の下半分のドライブの状態を表示する画面に、EasyDiskのドライブが
 「リム−バブル」として表示されているかご確認ください。

 (表示例)

  ディスク1
  リムーバブル
  62 MB
  オンライン

5.このEasyDiskのリムーバブルの表示を右クリックして「ドライブ文字と
 パスの変更」を選択します。 
6.「変更」ボタンでドライブ文字を設定できる画面が表示されますので、
 「携速」で確保していない文字で、なおかつ他のドライブにも割り当てられ
 ていない文字を指定します。

(2)「携速」で確保しているドライブから削除する方法。

もし「携速」側の設定で、確保しているドライブ文字の削除が可能であれば、Ea
syDiskを装着した際に割り当てられるドライブ文字を削除して改善しないかお
試しください。
「携速」の設定の詳細につきましては、「携速」のソフトウェアメーカーに
ご確認ください。
Q&A番号 10482
このQ&Aの対象製品 USB-16ED USB-32ED USB-CFRW USB-SMRW USB-128ED2 USB-64ED2 USB-32ED2 USB-32ED2/S USB-32ED2/R USB-256ED2 USB-128ED2/S USB-128ED2/R USB-64ED2/S USB-64ED2/R USB-8MD(PP) USB-8MD EDHG-32M EDHG-64M/BM EDHG-128M EDHG-128M/BM EDHG-128M/PW EDHG-256M EDHG-256M/BM EDHG-256M/PW EDHG-64M/PW EDXP-512M EDXP-256M EDXP-1G EDHG-512M EDC-32M EDC-64M EDC-128M EDC-256M EDC-32M/K EDC-32M/R EDC-64M/K EDC-64M/R EDC-128M/K EDC-128M/R EDC-256M/K EDC-256M/R EDP-256M EDP-512M EDP-1G EDP-128M EDP2-256M EDP2-512M EDP2-1G EDP2-2G EDL-64M/B EDL-128M/B EDL-256M/B EDL-512M/B EDL-64M/C EDL-128M/C EDL-256M/C EDL-512M/C EDL-64M/G EDL-128M/G EDL-256M/G EDL-512M/G EDL-64M/P EDL-128M/P EDL-256M/P EDL-512M/P

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】