Q&A

USB-ED2シリーズとEDXシリーズのセキュリティ機能の違いは?

<内容>

EasyDiskの「USB-ED2」シリーズと「EDX」シリーズは、セキュリティ機能に
対応しており、パスワードを入力しないとアクセスできないようにすることが
可能です。

○セキュリティ領域について

USB-ED2シリーズ:
・EasyDiskの容量を区切って、セキュリティエリアと通常にアクセス可能なエリ
 アを設定します。
・EasyDiskの容量の最大90%をセキュリティエリアとして設定することができま
 す。

EDXシリーズ:
・EasyDiskの容量全てをセキュリティエリアに設定します。
 容量を区切ってセキュリティエリアを設定することはできません。

○セキュリティソフトについて

USB-ED2シリーズ:
・「KeySafe」という名称の専用ソフトを使用します。
・「KeySafe」は製品には同梱されておらず、当社ホームページの「サポートライ
 ブラリ」からの無償ダウンロードでご入手いただけます。
・「KeySafe」のマニュアルもpdfファイルで一緒に掲載されております。

EDXシリーズ:
・「mformat」という名称の専用ソフトを使用します。
・「mformat」は、製品に同梱されているEDXシリーズサポートソフトCD-ROMの
 「Util」フォルダに入っています。
・使用方法は、同じサポートソフトCD-ROMの「manual」-「Japanese」フォルダに 
 入っている pdfファイル「EDXシリーズユーザーズガイド」に記載されておりま
  す。
・「mformat」および「EDXシリーズユーザーズガイド」は、当社ホームページの
 「サポートライブラリ」からの無償ダウンロードで、最新版をご入手いただけま
 す。

○セキュリティ機能の対応OSについて

USB-ED2シリーズ:
・WindowsXP/2000/Me/98(SecondEditionのみ)
 ※WindowsXPでは、コンピュータの管理者のアカウントでログオンする必要が
  あります。
 ※Windows2000では、Administrator権限でログオンする必要があります。
 ※Windows98(初期バージョン)には対応していません。
 ※MacOSには対応していません。

EDXシリーズ:
・WindowsXP/2000/Me/98(SecondEditionを含む)
 ※WindowsXPでは、コンピュータの管理者のアカウントでログオンする必要が
  あります。
 ※Windows2000では、Administrator権限でログオンする必要があります。
 ※MacOSには対応していません。

<参考>

初代EasyDisk(型番:USB-16ED、USB-32ED、筐体色:黒)はセキュリティ機能に
は対応していません。
Q&A番号 10486
このQ&Aの対象製品 USB-128ED2 USB-64ED2 USB-32ED2 USB-32ED2/S USB-32ED2/R USB-256ED2 USB-128ED2/S USB-128ED2/R USB-64ED2/S USB-64ED2/R EDX-32M EDX-64M EDX-128M EDX-256M EDX-512M EDX-1G

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】