Q&A

 Windowsでの使用手順の流れ

<内容>

 1.USB-CFADPをパソコン本体のUSBポートに差して取扱説明書の手順に従って
  インストールします。
 2.インストール後、USB-CFADPのReadyランプが点灯していることを確認します。
 3.CF通信カードを差します。
 4.USB-CFADP本体のReady、Cardランプが点灯、CF通信カードのMODELED、アンテナ  LED(SPEED LED)が点灯していることを確認します。
   ※アンテナLED(SPEED LED)のみ消灯している場合、ご使用の場所が圏外に
   なっております。
   電波状態が安定した場所でご使用ください。
 5.ダイヤルアップネットワークにてプロバイダに接続するための設定を作成し、   モデム選択では「I-O DATA USB-CFADP」を選択してお試しください。

 6.CFカードから応答があるかを確認します。
----------------------------------------------------------
 ■Windows98SE/Me
  USB-CFADPにCF通信カードを装着している状態にて、[コントロールパネル]-    [モデム]を開き[検出結果]タブに変え、「I-O DATA USB-CFADP」にて割り
  当てられたCOM番号を選択して、[詳細情報]ボタン([詳細]ボタン)を押すこ
  とでCF通信カードからの応答の確認が出来ます。
  コマンド、応答の白い枠内に、アルファベット、数字が表示されれば正常に
  応答しています。
 ※「ポートがすでに開かれております」、「ポートが開けません」の表示に
  ならなければ正常です。
 ※必ずCF通信カードを装着した状態でおこなってください。

 ■Windows2000/XP
  USB-CFADPにCF通信カードを装着している状態にて、[コントロールパネル]-
  [電話とモデムのオプション]を開きます。
  ※WindowsXPにて表示されない場合、「クラッシック表示に切り替える」の
   文字列をクリックしてください。

  [モデム]タブに変えます。
  「I-O DATA USB-CFADP 」を選択し、[プロパティ]ボタンを押します。
  [診断]タブに変え、[モデムの照会]ボタンを押すことでCF通信カードからの
  応答の確認が出来ます。
  コマンド、応答の白い枠内に、表示されれば正常に応答しています。
 ※「ポートがすでに開かれております」、「ポートが開けません」の表示に
  ならなければ正常です。
 ※必ずCF通信カードを装着した状態でおこなってください。

----------------------------------------------------------  

 7.ダイヤルアップネットワークにてプロバイダに接続するための設定を作成
  します。
    モデム選択では「I-O DATA USB-CFADP」を選択します。
  「ダイヤル情報」や「市外局番とダイヤルのプロパティを使う」のチェック
  を外してお試しください。
 ※ご契約されたプロバイダから案内されているプライマリDNS、セカンダリDNS
  を指定してご使用ください。

    
Q&A番号 10502
このQ&Aの対象製品 USB-CFADP

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】