Q&A

初めて設定をしようとしている段階で、WN-B11/PRS設定ユーティリティの「B11PRSCFG」よりWN-B11/PRSが認識されないのですが?


<現象>

 WN-B11/PRSを初期設定のAd hocモードのままで、パソコン側から添付の設定ユーティリティーの「B11PRSCFG」を開くと、デバイスリストに何も表示されない。
もしくは、表示されても先頭のアイコンに「×」マークがつく。


<対処>
 
WN-B11/PRSと設定用パソコン間の無線接続ができていない状態です。
以下の内容で設定状態を確認し、デバイスリストが正しく表示されるかどうかを確認してください。

[1]準備

 設定している環境に、無線アクセスポイント(WN-B11/AXP、WN-B11/BBR、
 WN-B11/BBRH、WN-B11/INSなど)や他に無線LANアダプタを接続したパソコン
 がある場合は、電波干渉を起こす可能性がありますので、WN-B11/PRSの設定を
 行っている間は、一時的に無線アクセスポイントの電源を切ったり、他のパソコン
 の無線LANアダプタを取り外すか、電源を切っておいてください。

 さらに、WN-B11/PRSを初期状態にするため、リセットを行ないます。
 リセットの手順は以下の内容を参照してください。

  1.WN-B11/PRSからACアダプタやプリンタケーブルを取り外します。
  2.WN-B11/PRSの[TEST]ボタンを指で押しながら、ACアダプタを接続します。
  3.ランプの状態を確認します。
   最初は、すべてのランプが点灯します。その後「POWER」ランプのみが
   点灯する状態になるまで「TEST」ボタンを押しつづけます。
  4.「POWER」ランプのみが点灯する状態になりましたら、指を離します。
  5.ACアダプタを取り外し、プリンタとプリンタケーブルを使って接続します。
  6.WN-B11/PRSの電源を入れます。

[2]設定用パソコンの無線設定を確認します。

 WN-B11/PRSの無線通信モードは、初期状態では「Ad hoc」となります
 ので、設定パソコンに搭載された無線LANアダプタを「Ad hoc」モードに
 設定します。(本製品のAd hocモード初期値は「802.11Ad hoc」です)
 
 以下は、弊社製LANアダプタの場合の設定になります。
 他の無線LANアダプタをご利用の場合は、無線LANアダプタの取扱
 説明書等をご参照の上、設定を行ってください。

【WN-B11/PCM(Windows95/NT4.0/98/Me/2000)の場合】
 (Ver.1.04以降のサポートソフトをご利用の場合、下記「WN-B11/PCMH」
  の手順をご参照下さい)

 1.「スタート」-「プログラム」-「WN-B11/PCM」-「Configuration
   Utility」をクリックし、「WN-B11/PCM設定ユーティリティ」を起動し
   ます。
 2.[動作設定]タブをクリックして、「モード」で「802.11Ad hoc」
  を選択します。
 3.各項目を以下のように設定してください。

  ・「モード」を「Ad hoc」に設定します。
  ・「SSID」を「defualt」と設定します。
  ・「CH」を6に設定します。

  設定後、「更新」ボタンをクリックします。

 4.「リンク状況」タブをクリックして、[状態]のところで「Associated」と
  表示されているか確認します。
 
 以上で設定は終了です。

【WN-B11/USB(Windows95/NT4.0/98/Me/2000)の場合】

 1.「スタート」-「プログラム」-「WN-B11/USB」-「設定ユーテ
  ィリティ」をクリックし、「WN-B11/USB設定ユーティリティ」を
  起動します。
 2.[動作設定]タブをクリックして、「設定変更」のチェックを外
  します。
 3.各設定項目を以下のように変更します。

  ・「モード」を「Ad hoc」に設定します。
  ・「SSID」を「default」に設定します。
  ・「CH」を6に設定します。

  設定後、「更新」ボタンをクリックします。

 4.「リンク状況」タブをクリックして、[状態]のところで「Ad hocモード」
  と表示されているか確認します。
 
 以上で設定終了です。

【WN-B11/PCMHとWN-B11/USBH(Windows95/NT4.0/98/Me/2000)の場合】

 1.「スタート」-「プログラム」-「I-O DATA WN-B11無線LAN設定
  ユーティリティ」-「設定ユーティリティ」を起動します。
  (すでにタスクトレイにユーティリティが常駐している状態の場合、
   ユーティリティアイコンを右クリックし、「設定画面」をクリック
   します。)

 2.「利用可能な接続」でSSIDが「default」と表示されているものを
  クリックし、「接続」ボタンをクリックします。

 3.「設定編集」画面が表示されますので、以下の設定であることを
  確認して「設定保存」ボタンをクリックします。

   ・SSID:default
   ・モード:アドホック
   ・チャンネル:6

 4.[リンク状況]タブの中の「通信状況」で、状態が[接続中]に
  なっていて、左側の通信状態のバーが表示されているか確認
  します。
 以上で設定終了です。
 
【WindowsXPの場合】
 
 1.「スタート」-「コントロールパネル」-「ネットワークとインター
  ネット接続」-「ネットワーク接続」を開き、「ワイヤレスネット
  ワーク接続」のアイコンを右クリックして、「プロパティ」を
  クリックします。

 2.[ワイヤレスネットワーク]タブをクリックし、「利用可能な
  ネットワーク」に表示される「default」をクリックして、
  「構成」ボタンをクリックします。

 3.「ワイヤレスネットワークのプロパティ」の画面が出ます
  ので、「OK」ボタンをクリックします。

 4.[優先するネットワーク]にdefaultが表示されたことを確認し、
  「OK」ボタンをクリックします。

 5.「ワイヤレスネットワーク接続」アイコンをダブルクリックし
  ていただきまして、[シグナルの強さ]でバーのレベルが表示
  されているかを確認します。

 以上で設定終了です。


[3]設定用パソコンにIPアドレスを設定します。

 【Windows95/98/ME/2000の場合】
  「WN-B11/PRS取扱説明書 Windows編」-「設定用パソコンのIPアドレスを
   設定する」をご参照の上、IPアドレスとサブネットマスクを設定します。

 【WindowsXPの場合】
  以下の手順で設定を行います。

   1.[スタート]-[コントロールパネル]-[ネットワークとインターネット
    接続]-[ネットワーク接続]をクリックし、[ワイヤレスネットワーク
    接続]を右クリックし、ウィンドウを開く。
   2.[ワイヤレスネットワーク接続]の[全般]タブの中の[インターネットプロ
    トコル(TCP/IP)]のプロパティを開きます。
   3.「次のIPアドレスを使う」にチェックをし、[IPアドレス]とサブネット
    マスクを以下のように設定します。
    
    IPアドレス:192.168.0.101
    サブネットマスク:255.255.255.0

    ※サブネットマスクは、IPアドレスを入力した後、サブネットマスク
     の欄をクリックすると自動的に入ります。

   4.「OK」ボタンをクリックし、順じ画面を閉じます。


[4]PINGコマンドでWN-B11/PRSとパソコン間が通信しているかどうかを確認しま
 す。
 以下の手順でPINGを実行して、WN-B11/PRSとパソコン間がTCP/IPで通信
 できているかどうかを確認します。

 <PINGの実行方法>

 1.MS-DOSプロンプト(コマンドプロンプト)を起動します。
  ・Windows95/98の場合
    「スタート」-「プログラム」-「MS-DOSプロンプト」を起動し
   ます。
   ・ WindowsMeの場合
    「スタート」-「プログラム」-「アクセサリ」-「MS-DOSプロン
   プト」を起動します。
  ・WindowsNT4.0/2000/XPの場合
    「スタート」-「プログラム(すべてのプログラム)-「アクセ
    サリ」-「コマンドプロンプト」を起動します。

 2.「C:\xxxx>」(xxxxの部分は環境によって異なります)
    の次にカーソルが点滅してますので、続けて以下のように入力を
  します。
 
   例:WN-B11/PRSのIPアドレスが初期値の192.168.0.100の場合
 
    C:\xxxxx>PING 192.168.0.100[Enter] と実行してください。

 3.返ってくるメッセージで、先頭の単語が同じになっている4行の
  メッセージがあります。
    そのメッセージの内容が以下のいづれかを確認してください。

  【接続できている場合】
        すべてのパケットに対して、正しく Reply (応答) が返って
        きます。 

      − 結果の表示例 −  
            ・・・・・・・・
           Reply from 192.168.0.1: bytes=32 time=40ms TTL=127
           Reply from 192.168.0.1: bytes=32 time=40ms TTL=127
           Reply from 192.168.0.1: bytes=32 time=40ms TTL=127
           Reply from 192.168.0.1: bytes=32 time=40ms TTL=127
            ・・・・・・・・

  【接続できていない場合】

      − 結果の表示例 −  
        Request timed out
              もしくは
         Destination host unreachable

    <接続ができていない場合の対処>
     [2]と[3]の設定ができているかどうかを今一度ご確認くだ
     さい。

[5]WN-B11/PRS設定ユーティリティの「B11PRSCFG」からデバイスリスト
 から見えるようになるかを確認する。

 「プログラム」-「WN-B11/PRS」-「B11PRSCFG」を起動して、デバイスリスト
 にWN-B11/PRSの情報が表示されて、先頭のアイコンに×マークがついていない
 かを確認してください。


以上で確認は終了です。
Q&A番号 10702
このQ&Aの対象製品 WN-B11/PRS

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】