Q&A

CFSD-ADPを使用した際に、WindowsXP、Windows2000 のパソコンで、読み出せないファイルがあるのですが?

<内容>

○ 製品
「CFSD-ADP」(SDメモリーカード用コンパクトフラッシュアダプタ)

○ パソコンのOS
WindowsXP、Windows2000

○ 現象
8MB もしくは 512MB の SDメモリーカードを CFSD-ADP に装着して、パソコンで
ファイルを読み出そうとしたところ、下記のメッセージが表示され、一部の
ファイルが読み出せない。

・WindowsXPの場合
「ファイルまたはフォルダのコピーエラー
 xxMBをコピーできません。データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。」

・Windows2000の場合
「ファイルまたはフォルダのコピーエラー
 xxMBをコピーできません。要求されたセクタが見つかりません。」

<対処>

CFSD-ADP はパソコンに装着していただくとWindows標準のドライバで認識されま
すが、デジタルカメラなどで、8MB もしくは 512MB のSDメモリーカードを
容量一杯まで利用した場合、WindowsXP/2000 の標準ドライバソフトでは開けない
ファイルが発生し、上記のエラーメッセージが表示されることがあります。

この現象は、CFSD-ADP の WindowsXP/2000用ドライバソフトをインストールして
いただくことで解決いたします。

WindowsXP/2000用ドライバソフトは、弊社ホームページの「サポートライブラリ」
の「CFSD-ADP」に掲載されております。
そちらからダウンロードしていただき解凍し、インストールを実行してください。
インストール方法/アンインストール方法は、Readme.txtに記載がございますの
で、そちらをご参照ください。

<参考>

・上記のエラーメッセージが表示されても、SDメモリーカード内のデータを壊す
 ことはございません。
・16MB?256MBの容量のSDメモリーカードを装着した場合は、この現象は発生いた
 しません。
・MMC(マルチメディアカード)を装着した場合は、この現象は発生いたしません。
・WindowsXP、Windows2000 以外のOSでは発生いたしません。

<参考>

最新のサポートソフトは、インターネットよりご入手いただけます。

【インターネットを利用する方法】

サポートソフトウェアの最新バージョンや、最新バージョンへアップデ
ートするための差分モジュールを、インターネット上で提供しています。
ダウンロードしてご利用ください。

『ホームページアドレス』
  http://www.iodata.jp/lib/index.htm
   ( 上記アドレスでは、製品名をアルファベット順に掲載しています。
  一覧から製品名を探し、選択してください。)

※インターネットからの入手が不可能な場合は、直接サポートセンターへ
お問い合わせださい。
Q&A番号 10707
このQ&Aの対象製品 CFSD-ADP

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】