Q&A

RSA-98IIIシリーズのディップスイッチについて

<内容>

RSA-98IIIシリーズは 1ポートにつき1?4のディップスイッチがあります。
出荷時は すべて ON となっています。
(1つのボードに2ポートある「RSA-98III」 については、出荷時
  2ポート目にあたるSW2-4のみOFF になっています。)


<1?4 のスイッチについて>

1 : ON  → PnPモード
     OFF → 非PnPモード

2 :  SW3,4 の設定の有効無効の切替えスイッチです。
     ON  → 3,4の設定状態を有効にする
     OFF → 3.4の設定状態を無効にする。

3,4 : 3,4 の組合わせパターンにより、EEPROMアドレス
       (当RSA-98IIIのCH番号)の設定に相当します。
        
        3,4 ともに ON → 1CH とする場合
        3がON、4がOFF → 2CH とする場合
        3がOFF、4がON → 3CH とする場合
        3,4 ともにOFF → 4CH とする場合。


【 例 1 】  
   RSA-98III/S(ポート数1)のボードと RSA-98IIISB(ポート数1) 
   を同一のパソコンにセットする場合で、RSA-98III/S を 1CH、    
   RSA-98IIISBを2CH とする場合は以下のようなスイッチ設定とします。
   ※ RSA-98IIIシリーズのボードを2枚増設する場合は、1 は必ずOFF
      とします。

     RSA-98III/S →  1 OFF
                     2 ON
                     3 ON
                     4 ON

     RSA-98IIISB  → 1 OFF
                     2 ON
                     3 ON
                     4 OFF



【 例 2 】
   RSA-98III(ポート数2)のボードと RSA-98III/S(ポート数1) 
   を同一のパソコンにセットする場合で、RSA-98III を 1CH、2CH、    
   RSA-98III/Sを3CH とする場合は以下のようなスイッチ設定とします。
   ※ RSA-98IIIシリーズのボードを2枚増設する場合は、1 は必ずOFF
      とします。

     RSA-98III →[1ポート(SW1-x)]
                     1 OFF
                     2 ON
                     3 ON
                     4 ON
                 [2ポート(SW2-x)]
                     1 OFF
                     2 ON
                     3 ON
                     4 OFF
                
     RSA-98III/S  → 1 OFF
                     2 ON
                     3 OFF
                     4 ON

 ご使用するOSがPnPに対応していない場合(MS-DOS、Windows3.1、WindowsNT3.51
 WindowsNT4.0)や16550互換モードとしてご使用する場合、1 OFF にしてご使用
 ください。)
Q&A番号 10862
このQ&Aの対象製品 RSA-983 RSA-983/S RSA-983SB

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】