Q&A

ドライバをインストールし、ダイヤルアップ設定を行ったのですが、接続に失敗
してしまう場合の確認方法について。


<対処>

インストールが完了しているかどうか、また接続先の設定などの問題かどうかの
確認のため、以下の内容をご確認ください。


1.ドライバのインストールについての確認

【Windows98/Me】

1)[スタート]-[設定]-[コントロールパネル]-[モデム]を開きます。
2)「検出結果」タブをクリックしてください。
3)[I-O DATA xxxxxxx](ご利用のモデムの名称)が表示されているCOM番号を選択し て[詳細](または[詳細情報])をクリックします。
4)「コマンド」「応答」欄に「AT・・・」や「OK」などが表示されましたら
 正常です。
 ※「ERROR」と表示される項目があっても問題ありません。
 ※「ATI4」の行には製品名が表示されます。

【Windows2000/XP】

1)[スタート]-[設定]-[コントロールパネル]-[電話とモデムのオプション]を
 開きます。
 (WindowsXPは[スタート]-[コントロールパネル]-[電話とモデムのオプション]
 の順に開きます)
2)「モデム」タブを選択し、[I-O DATA xxxxxx]という製品名を選択して
 [モデムの照会]ボタンをクリックしてください。
3)「コマンド」「応答」欄に「AT・・・」や「OK」などが表示されましたら
 正常です。
 ※「ERROR」と表示される項目があっても問題ありません。
 ※「ATI4」の行には製品名が表示されます。



2.ダイヤルアップ接続アイコン内の設定についての確認

【WindowsXPの場合】

1)「スタート」-「コントロールパネル」-「接続」-「すべての接続の表示」
 を開きます。
2)接続先のダイヤルアップ接続アイコンを右クリックして、[プロパティ]を
 クリックします。

3)[全般]タブ内の「接続方法」に本製品のデバイス名が表示されている
 ことを確認します。

4)モデムに[ダイヤル情報を使う]のチェックを外して、市外局番がグレー
 表示であることを確認します。

5)「電話番号」欄にアクセスポイント先の電話番号が正しく入力されて
 いることを確認します。(市外局番からの入力が必要なアクセスポイント
 の場合は、必ず市外局番から入力してください。)

6)確認後、[OK]ボタンをクリックします。


【Windows2000の場合】

1)「スタート」-「設定」-「ネットワークとダイヤルアップ接続」-「ダイヤ
 ルアップ接続」をクリックします。

2)表示された画面で「プロパティ」ボタンをクリックします。
3)[全般]タブ内の「接続方法」に本製品のデバイス名が表示されている
 ことを確認します。
4)モデムに[ダイヤル情報を使う]のチェックを外して、市外局番がグレー
 表示であることを確認します。

5)「電話番号」欄にアクセスポイント先の電話番号が正しく入力されて
 いることを確認します。(市外局番からの入力が必要なアクセスポイント
 の場合は、必ず市外局番から入力してください。)

6)確認後、[OK]ボタンをクリックします。

【WindowsMe】

1)「スタート」-「設定」-「ダイヤルアップネットワーク」をクリックします。

2)接続先のダイヤルアップネットワークのアイコンを右クリックし、
 [プロパティ]をクリックします。

3)[全般]タブ内の「市外局番とダイヤルのプロパティを使う」のチェックを
 外します。

4)「電話番号」欄にアクセスポイント先の電話番号が正しく入力されて
 いることを確認します。(市外局番からの入力が必要なアクセスポイント
 の場合は、必ず市外局番から入力してください。)

5)「接続方法」に本製品のデバイス名が表示されていることを確認します。

【Windows98の場合】

1)デスクトップ上の「マイコンピュータ」を開き、「ダイヤルアップ
 ネットワーク」を開きます。

2)接続先のダイヤルアップネットワークのアイコンを右クリックし、
 [プロパティ]をクリックします。

3)[全般]タブ内の「市外局番とダイヤルのプロパティを使う」のチェックを
 外します。

4)「電話番号」欄にアクセスポイント先の電話番号が正しく入力されて
 いることを確認します。(市外局番からの入力が必要なアクセスポイント
 の場合は、必ず市外局番から入力してください。)

5)「接続方法」に本製品のデバイス名が表示されていることを確認します。

 

3.プロバイダ(接続先)のアクセスポイントについて


設定したアクセスポイントの電話番号が、使用する電話機にあった電話番号かを
確認します。
(携帯電話の場合、アナログモデム対応アクセスポイントや携帯電話対応の番号か
どうか、またPHSの場合、PIAFS対応のアクセスポイント対応の電話番号かご確認
ください。)
詳細はご契約先のプロバイダにご確認ください。

 ※電話番号の末尾に追加設定が必要な場合があります。ご利用の電話機や
  接続先の対応状況に合わせて、末尾に追加してください。

  ドコモ・アステル:#64(64K)、#32(32K)
    DDIポケット:##4(64K)、##3(32K)
  ドコモ(Dopa):#28
   例)xxxxxxxxx##3 (xxxxxxxxxは電話番号)

 ※電話番号に付加するパラメータは、使用するUSBモデムによって異なります。 

3.ハイパーターミナルでの接続確認

インストールが正常に出来ていることと、接続先の電話番号が携帯電話からの
接続が可能番号であるにも関わらず、ダイヤルアップアイコンから接続した
時にダイヤルに失敗する場合、「ハイパーターミナル」というプログラムから
接続をご確認ください。

【ハイパーターミナルからの接続方法】
こちらの製品Q&Aをご覧ください。
http://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s9571.htm

ハイパーターミナルの場合、Windowsで作成したダイヤルアップ接続アイコン
のように、ユーザ名とパスワードを入力することができませんが、
ハイパーターミナル画面上で「CONNECT」と表示されれば、そのユーザ名と
パスワードの認証の段階まで進めているということです。
(モデムのインストールと動作には問題ありません)
作成したアイコンを利用した場合に接続に失敗する原因として、

 ・設定したユーザ名とパスワードのいずれか、またはどちらともが
  間違えている。
 
 ・作成したアイコンの設定で正しく動作していない。

ということが考えられます。プロバイダに設定内容をご確認いただくか、
ダイヤルアップアイコンを再度作成し直してください。

 注意
 ・ドッチーモの場合、電話機本体のデータカード設定を「自動」に
  してご使用ください。
 ・cdma-Oneの電話機の場合、電話機本体のデータ通信設定にて
  接続先がau製パケットに対応している場合(番号は 9999など)
  電話機本体をPacketにしてください。 逆に一般の市外局番
  から始まるアナログモデム対応のアクセスポイントへ接続する
  場合は、電話機本体のデータ通信設定をASYNC/FAXに設定して
  ください。
 ・PHS、H"をご使用の場合、使用する場所や64Kに対応していない
  エリアや接続先が混み合っている場合、32K接続させるように
  番号の末尾に #32 (DoCoMoPHS)や ##3 (DDI H")を付加
  して発信させてみてください。
 ・H"、feelH"、AirH"の電話機を使用する場合、電話機の機種に
  よって電話機本体内にケーブル設定がございます。
  必ず、ケーブル設定はOFFにしてご使用ください。


Q&A番号 11822
このQ&Aの対象製品 USB-PDC USB-PHS64 USB-H64 USB-PDC2 USB-cdma USB-H64L USB-PHS64L USB-AH64

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】