Q&A

PHS CFカードに付属のPCカードアダプタと組みあわせ、ダイヤルアップ接続の設定
をおこなうことで、ダイヤルアップに成功する。しかし、WN-B11/CMB(-DP)へPHS CF
カードを取り付け、同じ設定(アイコン)ではダイヤルアップ接続ができない。

<原因>
組み合わせ時のWindowsOSにおけるデバイスマネージャでのモデムの認識と、ダイヤ
ルアップ接続の設定で選択されているモデムとが異なっているためです。

<内容>
PHS CFカードをWN-B11/CMB(-DP)と組み合わせた場合と、PCカードアダプタと組み合
わせ場合では、ハードウェアとしての動作に何ら変わりはございませんが、Windows
OSの仕様として、別のモデムとして認識・処理されます。それはデバイスマネージャ
での表示によって確認することができます。

---
例)

PCカードアダプタと組み合わせた場合の[デバイスマネージャ]-[モデム]の表示:
[ABC MDM-3264]

WN-B11/CMB(-DP)と組み合わせた場合の[デバイスマネージャ]-[モデム]の表示:
[ABC MDM-3264 #2] →#で番号が付き、別のモデムとしてWindowsOSが処理
---

そのため、PHS CFカードとPCカードアダプタとを組み合わせた状態で作成したダイ
ヤルアップ接続の設定では、その時のモデム認識状態で作成されるものの、別の組
み合わせの時にはモデムの認識も変わってしまうため、結果として存在しないモデ
ムを使ってダイヤルアップをしようとしてしまい、失敗します。

例えばダイヤルアップ接続の設定でモデムに「ABC MDM-3264」が選択されていても
[デバイスマネージャ]-[モデム]で「ABC MDM-3264 #2」と表示されている場合に
は、ダイヤルアップはできないということです。

また、パソコンからの脱着により、ダイヤルアップ接続の設定にあるモデムの選択
が、PHS CFカードからパソコン内蔵モデムなどへ自動的に切り替わってしまうこと
もございます。

<対処>
ダイヤルアップ接続に失敗する場合は、使うダイヤルアップ接続の設定でのモデム
選択に対し、[デバイスマネージャ]-[モデム]での認識とが一致していることをお確かめください。

Windows98/Meの場合:
ダイヤルアップ接続の設定の中で利用するモデムをその都度で選択することができま
せんので、「PCカードアダプタ」「WN-B11/CMB(-DP)」それぞれを組み合わせた状態
で別々にダイヤルアップ接続の設定を作成します。設定の名称で組み合わせ状態を区
別しておくと便利です。

Windows2000/XPの場合:
ダイヤルアップ接続のプロパティの[全般]タブに[接続方法]で、使用するモデムの
選択ができます。もしダイヤルアップに失敗する場合には、ここでチェックが入っ
ているモデムと、デバイスマネージャでのモデムとが一致しているかをお確かめく
ださい。一致していない場合には[接続方法]のチェックを入れ直してください。
Q&A番号 12079
このQ&Aの対象製品 WN-B11/CMB-DP WN-B11/CMB

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】