Q&A

WPA-PSK設定を行う場合の設定について


<内容>

●WPAとは?

 WPAとは、「Wi-Fi Protected Access」の略で脆弱性が指摘されるWEPに
 代わる新しいセキュリティ規格です。
 TKIP(Temporal Key Intefrity Protocol)という暗号化方式を採用し、
 一定時間ごとに鍵を更新し、1つの暗号鍵を長い期間共有して使うWEPと
 比べてより安全な通信が可能となりました。
 本製品は、WPAの中の事前共有キーを設定するPSK方式に対応しています。

●本製品でWPA設定を行う場合の注意点

 ・ご使用のパソコンのOSがWindowsXPの場合は、Windowsのバージョンを
  「WindowsXP Service Pack 1」である必要があります。

 ・WPA設定には、WPA-PSKモードとWPAモードがあります。
  WindowsXPは、両方のモードに対応できますが、Windows98SE/ME/2000では、
  WPA-PSKモード設定のみ対応となります。
  
   ※Windows2000では、「クイックコネクト」が使用できるのは
    Administrator権限でログオンした場合のみになります。
    そのため、ユーザー権限環境ではWPA設定はご利用できません。
  

●本製品のWPA-PSK設定について

 本製品のユーティリティソフトである「クイックコネクト」Ver2.14より
 WPA-PSKモードの設定に対応ができます。
 WPA-PSKモードをご利用の場合は、「クイックコネクト」Ver2.14以上を
 ご入手いただきまして、WPA-PSK設定を行ってください。
 
  ※「クイックコネクト」は以下のURLよりダウンロードができます。

   http://www.iodata.jp/lib/product/w/937.htm


 なお、WindowsXPにて以下内容の環境でご利用いただく場合は、
 「クイックコネクト」ではご使用いただけませんので、この場合は、
 「Wireless Zero Configuration」をご利用ください。


  ・WPA-PSKモードを、管理者権限以外のユーザーで使用する場合
  ・WPA-PSKモードでドメイン(Domain)にログインする場合
  ・WPAモードの場合
           
  ※「Wireless Zero Configuration」を使用する場合の設定方法は、
    以下のURLの内容をご参照ください。

   
   http://www.iodata.jp/support/advice/wng54bbr/wpa/index.htm
Q&A番号 12500
このQ&Aの対象製品 WN-AG/CB WN-AG/CB2

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】