Q&A

ムーブが開始出来なかったり、途中に失敗することがあるのですが?


【 内容 】

 ムーブが正常に行えない。
 
  << 現象の一例 >>

   ・ ムーブが開始できない
   ・ ムーブ中にハングアップする
   ・ ムーブが途中で停止する
   ・ ハイビジョン画質で録画した映像がムーブすると標準モードで記録される
   ・ ムーブは終了したように見えるが、記録されたはずのD-VHSを確認すると
      途中までしか映像が入っていない


【 対処 】

 以下の点を再度ご確認ください。

● 確認1:Rec-Pot側

 < ムーブ先のD-VHSは正しく登録されているかどうか? >

    Rec-Potメニューにおいて、ムーブ先が正しく指定されているかどうか
    ご確認ください。
    (ムーブ先機器の設定 : Rec-PotM 取扱説明書 P36をご参照ください )


 < ムーブ対象の番組はロックされていないか? >

    ムーブを行いたい番組に、ロックされていないかどうか。
    ロックされている番組はムーブ出来ませんので、ロックを解除してください。
    (番組のロックについて : Rec-PotM 取扱説明書 P44をご参照ください )

   【 参考 】
    ムーブ先機器の設定   : Rec-PotM 取扱説明書 P36
    番組のロックについて : Rec-PotM 取扱説明書 P44


● 確認2:チューナ側

 < チューナからD-VHSが利用中でないか? >

    チューナ側からD-VHSが利用状態(Linc状態)の場合、Rec-PotMから
    D-VHSの認識が行えません。
    チューナ側のiLINK制御画面にて、D-VHS機器が利用されていない事を
    ご確認ください。( ムーブ動作はRec-PotMとD-VHSの間で行われます。
    チューナ側からD-VHSの認識・操作を行う必要はありません) 

 < ムーブ時にチューナ側のiLINK操作画面を終了してみてどうか >

    チューナ側でiLINK制御画面を開いていると、チューナ側からiLINK機器に
    対して制御信号が生じる場合などがあります。
    この際、ムーブ本来のデータ転送動作に影響が生じ、ムーブに失敗する
    こともあります。
    ムーブ開始直後(「決定」ボタンを押し、Rec-POTメニューが消えた直後)に
    チューナ側のiLINK画面を終了させ、現在放送されている映像に切換えて
    みてください。
    
 
● 確認3:D-VHS側

 < D-VHS側の録画スピードモードを固定にしてみてどうか >
   
    通常D-VHS側は入力されたデータ形式(HS/STDなど)を自動判別します。
    しかし、デッキの仕様や動作状態などによってはこの判別が正しく
    行えない場合もあります。
    D-VHSデッキ側に録画モード(スピード)の設定があれば「HS」にして
    ください。

※ チューナ/D-VHS 側の操作・設定方法につきましては、各機器に 付属の取扱説明書をご参照ください。
Q&A番号 12563
このQ&Aの対象製品 HVR-HD160M HVR-HD160MD HVR-HD250M HVR-HD250F HVR-HD160F HVR-HD500R HVR-HD250R HVR-HD200R HVR-HD800R HVR-HD400R

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】