Q&A

アドホック(Ad hoc)で接続する場合の設定方法について


<内容>

本製品をアドホック(Ad hoc)の設定でご利用いただく場合は、以下の設定を行ってください。

【WindowsCE3.0の場合】

1.アクセス先のパソコン側の無線LAN設定を行います。
 その際、以下のことをメモしておきます。

  1)SSID(ESSID)
  2)暗号化設定の内容
   ・64bitと128bitのどちらか
   ・ASCIIと16進のどちらか
   ・設定されている暗号キー


2.WindowsCE機側で「WN-B11/CFZ設定ユーティリティ」を起動します。

 ※起動方法:「スタート」-「設定」を開き「システム」タブをで、
       「WN-B11/CFZ設定ツール」をタップします。

3.[設定]タブをタップして、以下を設定します。

 1)[ESSID]で「手動接続」を選択し、アクセス先のパソコンと同じSSIDを
  入力します。
 2)[接続方式]で「アドホック」を選択します。

  (※チャンネルは選択できません。)

4.暗号化設定を行う場合は、[暗号化]タブをタップして以下の設定
 を行います。
 暗号化設定を行わない場合は、5番へ進みます。

 1)[WEP]:「有効」にチェックします。
 2)[キー長]:相手先のパソコンの設定と同じものを選択します。
 3)[WEPキータイプ]:相手先のパソコンの設定と同じものを選択します。
 4)[キー設定]:相手先のパソコンの設定と同じものを設定します。
        
5.右上の「OK」をタップします。

以上で設定は終了です。

 
【WindowsCE.NET4.1の場合】

1.アクセス先のパソコン側の無線LAN設定を行います。
 その際、以下のことをメモしておきます。

  1)SSID(ESSID)
  2)暗号化設定の内容
   ・64bitと128bitのどちらか
   ・ASCIIと16進のどちらか
   ・設定されている暗号キー


2.WindowsCE機側で「ネットワークとダイヤルアップ接続」を起動します。
 
 ※起動方法
  1)「スタート」-「設定」-「コントロールパネル」-「ネットワークと
    ダイヤルアップ接続」をダブルタップします。
  2)「WNB11CFZ1」アイコンをダブルタップします。
  3)[利用できるネットワーク]より、アクセス先のパソコン側のSSID名
    を選択し、「構成」ボタンをタップします。

3.暗号化設定を行う場合は、[ワイヤレスネットキー(WEP)]内の「WEPキー
 を修正する」ボタンをタップします。

4.「ワイヤレス(WEP)キー設定」画面にて、以下の設定を行います。

 1)「ネットワークキー」:相手先のパソコンの設定と同じ暗号化キーを
             設定します。

 2)「キーの形式」:相手先のパソコンと同じものを選択します。
 3)「キーの長さ」:相手先のパソコンと同じものを選択します。
 4)「キーのインデックス」:相手先のパソコンに合わせて変更します。
              通常は「0」でよいです。


5.「OK」ボタンをタップします。

以上で設定は終了です。


【PocketPC 2003の場合】

1.アクセス先のパソコン側の無線LAN設定を行います。
 その際、以下のことをメモしておきます。

  1)SSID(ESSID)
  2)暗号化設定の内容
   ・64bitと128bitのどちらか
   ・ASCIIと16進のどちらか
   ・設定されている暗号キー

2.「スタート」ボタンの右側にある矢印マークをタップします。

3.[接続]画面が表示されますので、「設定」をタップします。

4.アクセス先のパソコン側のSSID名が表示されますので、こちらを
 選択します。

5.「ネットワーク名」でアクセス先のパソコンと同じSSID名
 が表示され、「これはデバイスとコンピュータ(Ad-hoc)の接続です。」
 にチェックします。

6.暗号化設定を行う場合は、「認証」をタップして以下の設定を行います。
 暗号化設定を行わない場合は、7へ進みます。
 
 1)「自動的に提供されるキーをしようする」のチェックを外します。
 2)[ネットワークキー]に相手先のパソコンの設定と同じ暗号化キーを
  設定します。

 3)[キーのインデックス]を相手先のパソコンに合わせて変更します。
  (通常は「1」でよいです。)


7.左上の「OK」をタップします。


以上で設定は終了です。




Q&A番号 12742
このQ&Aの対象製品 WN-B11/CFZ

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】