Q&A

EasySaverをネットワークハードディスクと組み合わせて使いたいのですが
注意点を知りたいのですが?

<内容>
保存するデータの場所と保存先によって異なります。

--------------------------------------------
【ネットワークハードディスクにバックアップデータを保存する場合】

・ネットワークハードディスクにバックアップを保存する場合、ドライブ
 文字が割り当てられている必要があります。

 EasySaverは、予めFDドライブとして割り当てられているAドライブやB
 ドライブは保存対象とできないため CドライブからZドライブまででの
 既存のドライブ文字とは重複しないドライブ文字を、ネットワークハー
 ドディスクに割り当てて下さい。

  参考:ネットワークドライブ割り当て方法
     ※対象となるOSは製品の対応OSに準じます。
      Windows 7Windows Vista
      Windows XPWindows 2000Windows Me
    

・また、同じネットワークハードディスクに対して複数のPCからEasySaverで
 バックアップを行う場合は、セキュリティ面や他のPCのバックアップジョブ
 を開かない為にも バックアップジョブにはパスワードを設定するか、
 ユーザー(PC)毎に共有を分けて設定することをお勧めします。

 共有の分け方などについては ネットワークハードディスクの取扱説明書
 またはネットワーク管理者におたずねください。

   設定手順例:
    1.ネットワークドライブ内に、ユーザー単位でフォルダを作成します。
    2.そちらのフォルダにネットワークドライブを割り当てます。
    3.バックアップしたいデータがあるPCより、EasySaverの設定を
     行ないます。(バックアップジョブの作成例
    4.EasySaverでバックアップしたデータは、割り当てられたネット
     ワークドライブの配下に保存されます。
    
   参考:
    以下、ネットワーク内ハードディスクのルートにユーザーごとの
    フォルダ([user1][user2][user3])を作成し、各ユーザーごとに
    バックアップ設定をする場合。

    [user1][user2][user3]それぞれにネットワークドライブを割り
    当てます。そして、EasySaverのバックアップ先ドライブとして、
    割り当てられたネットワークドライブを選択します。(こちら
    手順5にて選択します。)
    そうすると、ネットワークドライブの直下に[EasySaverBackup(も
    しくは「EasySaver3Backup」)]フォルダが作成され、バックアップ
    データが保存されます。

     [ネットワークハードディスク]-------[user1]----[EasySaverBackup]----・・・
                       |----[user2]----[EasySaverBackup]----・・・
                       |----[user3]----[EasySaverBackup]----・・・


-------------------------------------------- 
ネットワークドライブのデータをEasySaverを使用してバックアップ
する方法は、正常にバックアップされない場合があるため
おすすめできません。 
--------------------------------------------
Q&A番号 13607
このQ&Aの対象製品 E-SAV E-SAV2 E-SAV(LE) E-SAVP2005 E-SAV3 E-SAV3PRO E-SAV3LE E-SAV4 E-SAV4PRO E-SAV4LE

検索結果一覧に戻る

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】